忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
北條の今季の打撃の好調は能見のアドバイスによるものだったらしい。
なお、「強く振れ」の指示で鳥谷選手の打撃を壊したことに対し、金本は知らん顔をし続けている。結果的には打撃悪化が鳥谷の選手生命自体を短くしたのであり、連続試合出場記録を止まらせたのも、それが根本的な原因である。だいたいが、30歳過ぎてから長距離打者に改造できたら奇跡である。まあ、その指導を受け入れた鳥谷自身が悪いとも言えるが、監督命令に逆らえる選手がいるだろうか。よほど独立心が強い選手でないと無理だろう。
金本のそうしたやり方に不満な選手は多いのではないか。糸井など、実力と実績があるから、金本が変な指示を出したら知らんふりをするらしい。これは金本自身が言っていた。ただし、「自分が変な指示をしたら」とは言っていない。
能見が北條にアドバイスしたのも、よっぽど見るに見かねてのことだろう。普通は、打撃コーチや監督に遠慮して、投手が野手にアドバイスなどすることはない。能見はかつて藤浪に厳しい注意をしたように、野球に対する態度が真摯であるようだ。引退したら指導者になれる適性があるのではないか。



(以下引用)



64 名無しの猛虎魂さん 2018年10月05日 02:31 id:adXtrg030 ▼返信
※62
北條は好調の理由について、矢野と能見と平野に言われた言葉を引用して取材に答えているが、金本片岡の名前は一切出してない

69 名無しの猛虎魂さん 2018年10月05日 03:22 id:5o.LS2v60 ▼返信
※64
人の考え方や行動って言うのは積み木みたいなもので、膨大な経験の上に成り立ってる。
北條が矢野や平野のアドバイスを上手く消化できたのも、積み重ねた経験があったから。
その積み重ねた経験の中には金本や片岡のアドバイスもある。
だから、単純に矢野や平野のアドバイスが良かっただけで、金本と片岡は関係ないってことにはならないんやで。
70 名無しの猛虎魂さん 2018年10月05日 03:44 id:adXtrg030 ▼返信
※69
記事の引用
「昨年までの僕の打撃だと、強く振ろうという意識が強過ぎて、真ん中以外のボールはヒットにできないくらい、力んで打っていたんです。」
↑強く振る、強い打球を打つという意識(金本の指導)が邪魔になってたのを、能見の言葉で解消できたという流れ

そもそも金本が解消してやらなければならない部分を放置した結果が、昨年の不振だった模様



PR
まあ、なんJ民の評価が上がるというのは悪いサインかもしれないがwww
柿木を狙っている球団は、最低でも2位以上でないとどこかの単独指名になるのではないか。
下のスレにも書いてあるように、実績に比して評価や知名度が低すぎる。それは逆に言えば、柿木をドラフト候補としている球団にとっては「おいしい」状況であるわけだ。

この前の国体で最後に3ランを打たれたのも(点差を考えればホームランを打たれても問題のない場面ではあったが)、それで柿木の評価を下げる球団が出てきたら、それもおいしい状況だ。


(以下引用)






twitter facebook hatena google
58アイキャッチ

1: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:47:29 ID:Hvv
甲子園通算成績
防御率0.86 被安打率5.60 奪三振率9.62 四死球率2.15

過去甲子園のレジェンドとして扱われた選手達並の活躍してんのに
J民は「伸びしろがない」などと言ってドラ4クラス扱いの模様

6: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:51:26 ID:j0y
柿木はボーイズジャパンだからね

9: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:53:14 ID:3Ox
概ね3~4位の評価やろ
高校生としては十分やろ

10: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:53:49 ID:C1W
実際ドラ3で取れたら普通に美味いな
しかも今年凶作なんやろ?

13: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:55:29 ID:3Ox
>>10
抜けてるような1位候補がおらんだけで良い選手は多いで今年は

16: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:56:23 ID:vJh
>>13
2位候補と4位候補ばかりいるな
特に大卒ショートがいないせいで繰り上げがひどい

 



15: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:55:43 ID:gP3
柿は地雷

18: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:57:15 ID:8T4
>>15
流石に柿澤や柿田と同じ末路にはならんやろ…

19: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:57:42 ID:C1W
てか対大阪桐蔭差し引いた吉田より成績いいのな
柿木の欠点って決め球無いとこかな?プロで取得出来れば化けるやろ

21: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:58:35 ID:vJh
>>19
イニング投げてないところ(酷使されていないともとれる)
高校で球速が伸びていない(即戦力になりうるともいえる)
フォーク頼り(プロで変化球覚えりゃOK)

ここらへん

20: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:57:47 ID:QWH
甲子園の優勝投手はプロでは云々

24: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:59:43 ID:vJh
ただドラ1に指名されるような選手は話題性こみでもあるから

ドラフト順位は株みたいなもので
需要が共有を上回れば能力以上の順位で指名されることもあるし
逆もまた然りや

25: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)16:59:44 ID:g91
ドラ3クラスとは言われてるが高卒投手で5指に入るレベルだから低評価とは思わんけど

26: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:00:05 ID:vJh
というかおんj民がドラ3を過小評価しすぎやな

28: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:00:16 ID:bK5
>>26
これよ

27: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:00:13 ID:C1W
前回のドラフトで思ったが素人の評価とプロスカウトの評価って全く違うよな

柿木をハズレ1位で取る球団いても不思議じゃないわ

33: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:04:42 ID:ASB
正直吉田よりは柿木の方が欲しい
でも1位は高卒野手行くと思う

43: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:08:52 ID:g91
そもそも今年は高卒ドラ1の投手いなさそうという

45: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:09:33 ID:3Ox
>>43
ひ、引地…

49: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:10:25 ID:g91
>>45
引地も渡邊もドラ1いくかね?
なんか2位になりそうw

47: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:10:17 ID:8Va
>>43
吉田は出せば1位やで

57: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:13:29 ID:g91
今年は上位不作だよ
でも下位は充実してる感じするw
なんかまだ素材型はたくさんいる

72: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:20:52 ID:7CQ
吉田と同レベルかそれ以上の評価があってもいいと思う

78: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:22:59 ID:Gzj
下手したら1位もある

82: 風吹けば名無し 2018/10/04(木)17:23:40 ID:4ky
そっか地元九州やっけ
ホークスあるんかな
「場末の。」さんのブログが更新されていたので、印象に残った部分を転載。
わたモテを読んだ時点で、何か言葉にしにくい印象を受けた場面であるが、「場末の。」さんはそれを上手く言語化している。

この場面でのもこっちは、「きーちゃんちょっと元気なかったから」ときーちゃんを駄菓子屋に連れてきた理由を言うのだが、これはまぎれもなく事実であり、大げさに言えばもこっちが「聖人化」しつつあることを示す重要なシーンではないだろうか。
もこっちはもともと偽悪的な人間であり、現実世界ではコミュ障の小心者なのだが、それを心の中では裏返して、「心の中だけの強者」として生きてきたわけである。
ところが、高校生活中盤から、様々な人間との出会いを通して実は大きな「精神的変革」を遂げているのだが、ギャグ漫画的な部分によってその変革は注意深く目立たなくされている。この漫画は御説教的な「人間革命」の話ではないし、ギャグ性を失ったらこの漫画のアイデンティティも失われるだろうと作者たちは賢明にも分かっているからだ。
しかし、もこっちは明らかに精神的に物凄く成長しているし、それは通常の高校生には望めないほどの急激な成長だ。それは、吉田さんや小宮山なども含めた周囲の良い影響の結果だろう。
一番の「理想像」は生徒会長だろうし、ガチレズなどと言葉の上では見下してすらいた真子の存在も大きいし、自分以上にコミュ障なゆりの存在も、「人のふり見て我がふり直せ」の好例になっている。そして、吉田さんやこみなんとかさんの振る舞いやそれへの批判などもいい学習材料になっているわけだ。もちろん、成長の「ライバル」としてのネモもいる。
つまり、もこっちは、ありえないほどの周囲に恵まれて、その影響下に人間的成長を遂げているのだが、先に書いたように、ギャグに騙されて、読者はそれをあまり意識しないようになっている。だからこそ素晴らしい読後感がいつも残るのである。
最初に戻れば、元気の無い従妹を元気づけようとして駄菓子屋に連れてきて、「200円…いや、300円」という「大人」なおごりをし、きーちゃんの質問に対して、よく考えて真摯な答えをする、これのできる若者(大人も含め)がどれだけいるだろうか。
要するに、この時点で、もこっちは「人間力」においてすでに偏差値60くらいまで来ているのである。ただ、もこっちの内面の「毒舌」のために、読者はそれに気づかない。それはわたモテをギャグ漫画として純粋に楽しんでいる読者にとって幸福なことかもしれない。


(以下引用)



かつては一位に降臨したクイーンの文字がない勝敗ランキング。「もうカードゲームやってないの」と問うきーちゃんに「もう大人だしね…」と返すもこっち。
それに落胆を隠せないようで、「カードゲームやってたお姉ちゃん格好良かったのに」とぽつりと零します。(あれを格好良いと本当には思ってないでしょうが…。)



 



 



f:id:ciel_machine:20181001162202j:plain
「あの時カードゲームやってた奴らカードも学校も卒業したしね……」と一応当時の子供たちの現状も把握している様子のもこっち。さすがクイーン
それに対し、「新しい友達できたもんね」という事を話に持ち出すきーちゃん。やはり、自分以外にもこっちの魅力に気づいた存在が出てきたことを引きずっているようです。



……そんなきーちゃんの何処か強い言葉に対し、汗を流しながら自分なりに言葉を紡いでいくもこっち。
子供向けゲームの「アイカツ」を知らないであろうきーちゃんにも分かるように言葉を噛み砕いて説明しているのですが、それもなんだか成長を感じます。
……そしてその内容というのは、アイカツで一緒に遊んでいた中学生と小学生のペアを見つけたものの、小学生の方がある日ゲームを卒業したにも関わらず、中学生がずっとアイカツを続けている姿が「無性に悲しかった」と感じたからだったのです。
(一連のシーンでもこっちの服装が変わっているので、季節が一年過ぎ去ってもずっと中学生だけがそれを続けているのが分かります)



 



……ゲーセンやカードショップ等に通っている方ならひょっとして共感できるのではないでしょうか(私はそうです)。何処か切ないエピソードですね。
そして「駄菓子屋に来ると似たような感じがしてしばらく来なかった」とつぶやくもこっち。
あのランキング表を見れば分かる通り、殆どのメンバーが卒業しているのでやむを得ないことでしょう。(ひょっとしたら残り続けている「せいや」は同じ気持ちを味わっているのかも…)
ではなぜここに連れてきたのか問いかけるきーちゃんですが、「きーちゃんとならそんな寂しくないし」「きーちゃんちょっと元気なかったからお菓子とか食べたら元気出るかなって…」と、きーちゃんを慮る言葉をかけます。



f:id:ciel_machine:20181001162200j:plain
にも関わらず全く喜ばないきーちゃん。
この後のシーンで「お姉ちゃんに嫌がられても」と言っていることから、この言葉にうわべのようなものを感じているのでしょうね……。
しかし、きーちゃんが元気が無かった(友達が居るのを見て様子をおかしくしていた)のは確かですし、サイコ化を食い止める目的以外にも本当にそういう気持ちがあったのではないかと私は思います。




まあ、期待されながら期待ほど成長できなかった連中だし、仕方がないところだろう。ただ、網谷はラミレスが入れ込んでいた選手だったはずだが、見放すのが早すぎないか?
須田や田中浩康や荒波は年齢的にももう期待するのは無理だろう。

まあ、先に退団(引退)が発表された後藤と加賀を加えて、これで11名の空きができたわけだ。それ自体は悪いことではない。後は、ドラフトなどでの「目利き」次第である。他球団から戦力外になった選手もよく検討してみたらいい。中に「ソト」のような宝物が紛れている可能性もある。

ヤクルトの比屋根など、ネットで「やらかし」をネタにされることが多いが、打力も走力も一軍控えレベルだと思うし、移籍によってもっと良くなる可能性があるような気がする。まあ、同郷人としての肩入れももちろんある。一度や二度の失敗で首脳陣に見切られたら、選手などやっていられない。当人も選手続行に自信があるらしいし、入団テストでも受けさせたらいい。


2018/10/3

2019年シーズン 選手契約について


横浜DeNAベイスターズは、以下の選手について、2019年シーズンの契約を結ばない旨通知いたしましたので、お知らせいたします。


位 置背番号選手名
投 手20須田 幸太
28福地 元春
97野川 拓斗
捕 手102亀井 塔生
内野手67田中 浩康
100網谷 圭将
101武白志(山本 武白志)
外野手4荒波 翔
60白根 尚貴
北崎拓の漫画は読んだことがないと思うが、彼の漫画評論はかなり読んでいて、すべて優れたものだった。彼がこれほど褒めるのだから(まあ、基本的に同業者の悪口は言わないのが普通の人間だが)おそらくテレビ版も映画版も良作なのだろう。実際、テレビ版は数回見て、良作だと思ったが、キャラの絵柄が私の好みではないので(おそらく原作の挿絵が元だろう)自然と視聴をやめてしまったが、もう一度見直すのもいいかもしれない。
キャラの絵柄のために長い間見なかったアニメが「ガールズアンドパンツァー」で、あの萌え絵風キャラというのが私は苦手なのである。だが、実際に見てみると、それぞれのキャラがきちんと描き分けられていて、しかも魅力的だった。食わず嫌いはダメである。





でもって録りっぱだったTV版『若おかみは小学生!』も最初から観てるんだけど(Amazonプライム・ビデオで)、こっちもかなりかなりいいよ!超良質なアニメだよ。
劇場版で描ききれなかった細かいエピソードは補完されるし、両作が混ざり合って素晴らしい世界が醸造されていく(脳内で)




プロ野球選手が口では「チームの勝利しか頭にありません」みたいなことを言うが、心では正反対に自分の成績と年俸しか考えていないのは「社会人」として当然である。だが、それを行動から見抜かれるようでは主力選手として問題だ。昔はそういう選手が多かったが、それはプロ野球の原始時代のようなものだ。今時の選手はもっとスマートではある。しかし、私自身は試合を実見していないが、昨日の試合の筒香が好機にホームラン狙いの打撃をして三振を繰り返したなら、これは横浜ファンはけっして許してはならないだろう。もっとも、横浜ファンではなく筒香個人のファンなら仕方がない。
筒香はチームを引っ張る選手として高額年俸を貰っているはずだ。それが、CSのかかった試合であんなザマではファンから愛想を尽かされるだろう。
それはともかく、CS出場は昨日の敗戦(実質的には東を7回で降ろした試合で決まりだが)でほぼ無理と思うので、来季のための補強策でも考察してみる。
何よりも有効なのは監督とコーチを首にすることだが、それは球団社長とオーナーの考え次第なので考える必要もないだろう。
では、補強ポイントはどこかと言えば、

1:先発投手をあと2枚は欲しい。
2:出塁率のいい脇役タイプの野手を2枚か3枚

まあ、2についてはラミレスの指示に従っての早打ちなのだろうから、監督が変わらないと誰が入団しても無理かもしれないが、候補はいる。言うまでもなく、阪神からFAするだろう上本だ。怪我の回復状態しだいだが、回復していれば、今の横浜に一番必要なタイプだろう。市場価格では西武の浅村の5分の1くらいだろうが、横浜にとっての選手価値としてはさほど変わらないのではないか。ただし、上本の守備は怪しいので、ソトの二塁同様、試合後半には守備固めが必要になるかもしれない。
ドラフトで野手を取るとしても高校生だと出てくるまでに時間がかかるから、横浜にはそんな余裕は無いだろう。ファン自体、再来年あたりまで自分が生きている保証は無いのだから、来年の横浜だけを考えればいい。
とすれば、ドラフトでは投手中心で補強するのが正解だろう。高校生投手なら、私は毎度言うが、大阪桐蔭の柿木を買っている。2年目くらいから使えて、ソフトバンクの東浜くらいにはなるのではないか。つまり、優秀なローテーション投手になると思う。金足農の吉田は完成度が不十分だと思う。さすがに速球だけではプロでは通用しないだろう。ただ、二軍で時間をかければ大投手になる可能性は高いと思う。(今、蔵建て男さんのツィッターに載っていたGIFを見ると、吉田が自己最速の152キロを出した、そのストレートの質はやはり凄い。まさに最盛期の藤川球児のストレートである。甲子園では大会途中からは疲労蓄積で失速したのだろう。)
大学では投手としては東妻を買う。動画の雰囲気だけでの判断だが、実績もそう悪くはないだろうし、今秋にノーヒットノーランをやっているところを見ると、成長力もありそうだ。
大学生投手や社会人投手についてはあまり調べていないので、東妻以外に凄い投手がいるなら、スカウトなどの判断で決めればいい。





筒香はこの1試合だけで1億円減俸してもいいのではないか。
コメントにあるようにHR王意識してぶんまわした結果の3三振だとしたら、明白な戦犯である。
今シーズンのほとんどにわたってこういう感じのプレーが多かったと思う。自分自身の数字さえ上げれば給料は下がらないと思っているなら、球団側が厳しく査定すべきだろう。





    • 28. ハマの名無しさん
    • 2018年10月02日 21:26  ID:edKepwa20
    • 得点圏12回でノーヒットか。勝てるわけねえ。
      4番は若造に3三振でプロ初勝利献上か。4番の差が出たな。
      大和も痛いし、平良のマッチアップで落としたのも痛いな。
    • 29. ハマの名無しさん
    • 2018年10月02日 21:26  ID:iB5kEgOi0
    • あと一本が悉くでない試合だったな
    • 30. ハマの名無しさん
    • 2018年10月02日 21:26  ID:SElN7KS70
    • HR王意識してぶんまわしてる筒香
      フォアザチームに徹しろや
    • 31.  
    • 2018年10月02日 21:27  ID:xF29bE3Q0
    •  
    • 32. ハマの名無しさん
    • 2018年10月02日 21:27  ID:hoF22Xu20
    • 二回のチャンスで両方三振って、、、
      せめて犠牲フライはうってよ。
「若おかみは小学生」のテレビシリーズは、HuluかNETFLIXにあり、脚本が横手美智子だったので見て、なかなかいいアニメだな、と思ったが、完全に対象が子供の作品なので数回だけで視聴をやめたのだが、映画版はオリジナルの内容で、しかも脚本は吉田玲子である。前に書いたが、打率はさほどでもないが、当たればホームランという脚本家だ。この作品はそのホームランのようだ。
もちろん、横手美智子の脚本も悪くなかったが、何しろ原作完全準拠(だと思う)の内容なので、「手堅く作った」という感じである。実際、横手美智子はそういう手堅さが一番の長所だと思うので、吉田玲子とどちらが上という話ではない。結果的に、お互い、得意の領分で仕事をしたということになるのではないか。


  1. さんがリツイート
  1. 9月30日
  1. SNSで絶賛が相次ぐ『!』を一生のお願いだから観て!と全力で訴える記事を書きました。ジブリ映画の後継と言えるアニメとしての豊かさ、見事と言う他ない脚本、そして号泣必至のラスト…。間違いなく『この世界の片隅に』に続くアニメ映画の大傑作です!
  2. 3件の返信 380件のリツイート 365 いいね
  3. このスレッドを表示
  4. 取り消す
  1. お話だけじゃなく、アニメーションとしての作画がとにかくとにかくゴージャス!! 一見地味に見えても、これ、神作画のオンパレードでかなり驚いた。「そこまでせんでも…」だが「ここまでやっちゃう」からオトナアニメ。 観に来た層も中年男性が多くて、9割方席も埋まってました。
  2. 3件の返信 58件のリツイート 68 いいね
  3. このスレッドを表示
  4. 取り消す
  1. 映画のサービスデーという事もあって急遽、TLで異様なまでに評価が高い『若おかみは小学生』を観てきた! 多分TVを受けてとは違う、最初から最後まで単独の劇場用アニメ。 最初から死と別れと出会いの積層で映画を形作る…こんな話だったのか……子供も観るべきだが正直大人の方がやられるアニメ。
わたモテスレに時々出てくる二次創作の描き手だが、この人の絵の上手さと原作の特徴の掴み方は神技である。いつでも代原稿が務まるのではないか。名前を書かなければ本物と思う人もたくさんいるだろう。
ところで、このページの最後の二コマの意味が分からないのだが、加藤さんの後ろから自転車が来て危ないから手を引いたのだと思うが、その前の「糸みてーのついてるぞ」はどういう意味があるのだろうか。




no title
意図の読めない文章だが、おそらく、金本には責任は無い、球団(フロント)に責任がある、という趣旨かと思う。だが、球団のどこにどういう責任があるのかは書いてない。金本に責任は無い、という根拠の無い意見を主張するだけの記事であり、こういう記事が関西スポーツ新聞に出ること自体が阪神の病弊である。まあ、差別的発言はしたくないが、在日勢力が関西マスコミを牛耳っているということではないか。橋下が市長や府知事になれた理由もそれである。
在日朝鮮人が差別を受けてきた歴史的事実は大いに同情すべきである。だが、在日勢力による日本支配を許すべきかどうかは別問題だ。



(以下引用)





チームの顔として活躍してきた鳥谷© Copyright(C) 2012 デイリースポーツ/神戸新聞社 All Rights Reserved. チームの顔として活躍してきた鳥谷

 なぜ前評判の高かった金本阪神は敗れたのか-。デイリースポーツでは4回にわたって「金本阪神V逸の影と逆襲への光」と題して検証する。今回は最終回。


  ◇  ◇


 チームの顔でもある鳥谷は03年度ドラフト自由枠で入団した。もちろん希望の選手をクジで逃した年もあり、一概にドラフト戦略を責められないが、レギュラーと言える生え抜き野手が鳥谷以降、出てきていないのは事実だ(上本は不運な負傷もあったが)。そこをFAや外国人で補っても、本当の意味での厚みは生まれない。


 ひるがえってカープ3連覇の原動力となっている現主力、1軍選手をドラフトの変遷と共に追ってみる。ここでは野手のレギュラークラスの選手に限定するが、希望枠が06年を最後に撤廃された中、07年からを見ると-。


 07年度高校生ドラフト1巡目で安部、同3巡目で丸。大・社ドラフト4巡目で松山。


 09年-2位で堂林


 11年-2位で菊池


 12年-2位で鈴木


 13年-3位で田中


 15年-5位で西川


 ここに広島との大きな差がある。金本監督就任時から3連覇を許しており、この3年にフォーカスされがちだが敗因はそこだけではない。この点が根本的な問題として存在し続けている。現場の指導などに責任はあっても、一方で、球界を代表するスターの育成、素材の獲得は球団としての課題でもある。


 金本監督は「ベテランや中堅たちが活躍してこその育成」と話す。ベテラン、中堅、助っ人らが傘となり、並行して若い芽を育てる。それが「勝ちながら育てる」条件だ。積年の「ツケ」に、主力の故障やロサリオの誤算も重なった。育ちきれていない若手が中心となるには、あまりに早すぎた。苦しんだのは当然の結果だった。


 ある球団幹部は「もちろん毎年優勝するつもりでやっている。ただ、星野さんも言っていたように来年が本当の勝負だと思う」と話す。思うようにいかなかったここまでの戦いの中でも、金本監督が種をまき、あとわずかでの開花を予感させる選手も出てきた。それが未来への光となる。


 理想郷とも言える広島の黄金期。何事も耐え忍ぶ時期はある。一方で、我慢にも限界は存在する。来季をまだ道半ばの4年目ととらえるか、もう4年目と見るか。19年は大きな分岐点にもなりえる。=おわり=








忍者ブログ [PR]