忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
5 8
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
マイコラスがメジャーで現在13勝3敗、防御率2.80くらいらしいが、実際、3Aでくすぶっている若手選手は日本で数年修行するといいと思う。日本のほうが3Aよりはカネも多く払うだろうし、3Aでは学べない細かい野球が学べるだろう。外人選手(だけでもないが)は試合の勝敗(チーム成績)ではなく自分の成績でしか給料は上がらないし、いずれ米国に帰るのなら、試合でミスをしても問題はないから、試合自体が練習の場みたいなものである。
横浜のソトもかなり評価を上げただろうが、まだまだメジャーレベルではないから、最低でもあと1年は日本で修行したほうがいい。
なお、私は、米国の3Aとメジャーの中間が日本プロ野球だと思っている。日本で3割打者ならメジャーでは2割7分くらい、日本で30本塁打なら、メジャーでは20本塁打くらいだ。投手は米国での投球条件が合うか合わないかが大きいが、日本で超一流ならメジャーでも一流にはなれると思う。菊池は日本で超一流と言えるかどうかやや疑問である。ソフトバンク打線に簡単に打ち込まれる投手がはたしてメジャーで通用するか、こころもとない。私が菊池ならメジャーには行かない。

ついでに書いておくが、毎度言うように、選手の俸給を個人成績だけで決めているから選手はチームの勝利への貢献より自分の成績を優先させ、チームはダメチームになるのである。まず、球団として、チーム成績が個人の俸給のベースになること、勝利への貢献度で俸給は決まるということを選手に通達するべきだ。カネ以外に選手の勝利へのモチベーションがあるわけがない。(ただし、口先だけで勝利が第一などという選手もたくさんいるから、そういう「言葉」は俸給には無関係にすべきであるが、球団社長の中にはそういう演技に騙されるアホもたくさんいる。)






44: 風吹けば名無し 2018/08/19(日) 11:31:29.64 ID:zSEHxO0q0
メジャーでくすぶってる有望株は見下し投法学びに日本へ来いや

46: 風吹けば名無し 2018/08/19(日) 11:31:46.06 ID:kGrmNIZUp
ある程度レベルの落ちた環境で余裕持って色々取り組むのもありなんやろな


PR
今日の近江対金足農業の試合での近江の敗因は、このコメントの通りだろう。負けるとまでは思わなかったが、この二つは監督のミスだな、と思った。なぜほとんど打たれていない佐合をたった4回で代えたのか。代えた直後に林が1点取られたのが敗北の遠因。まあ、投手がいつも0点に抑えるなど不可能なのだから、好投している投手を無失点の段階で代えた監督がアホだということだ。
近江自体は良いチームだし、それを育てた能力は買うが、あの監督は実戦指揮では勘が悪い。
吉田はこの試合に勝っても、次の日大三戦で勝つのは難しいだろうし、疲労蓄積も心配だから、できればこのあたりで負けたほうが良かったと思う。もっとも、日大三も今日は7回まで無安打に抑えられたらしいから、案外好勝負になるかもしれない。
金足農の最後の2ランスクイズは面白かった。近江のキャッチャーを叩いているコメントを数人見たが、有馬捕手は実に捕手IQの高い好捕手である。林と有馬の2年生コンビは来年の楽しみだ。
なお、監督が投手の代え時を間違えて試合を失ったのは浦学の森士監督も同様である。渡部をあまりに早く降ろしたために、勝てる可能性も潰してしまった。
ラミレスではないが、監督が動くと負けるという監督がいるものだ。


  • 57. 高校野球二キ
  • 2018年08月18日 18:18
  • 近江は投手交代のタイミングと9回に送りバントさせなかった時点で負けると思ってた

元横浜高校監督・部長の小倉氏の記事だが、金足農の吉田についての言葉だ。吉田が下位打線相手に速さを抑えたストレートを投げる、いわゆる「ギアチェンジ」の持つ罠を指摘している。
私も(蔵さんもそうだが)、このギアチェンジには疑問を持っていて、吉田の場合、それが裏目に出ていること(回の先頭打者にヒットを打たれて自分からピンチを作ること)が多い。
走者が出ないと本気になれない、という、少年漫画主人公的なことをカッコいいと思っているのではないかと推測しているが、もしそうだとすると思ったより頭は悪いかもしれない。まあ、これだけの投手になると、地方大会ではお山の大将だろうから、そういう考えになってもおかしくないが、もしそうなら、監督が厳しく注意し指導すべきだろう。回の先頭打者を出すのは致命傷になることが多いわけで、自分の自惚れから自チームをそういう危険にさらすのはバカでしかない。
まあ、頼れる投手が吉田しかいないから、完投目的で、力を抜く場面が出てくるのは仕方が無い、とも言えるが、昨日の試合でも勝てたのはまったくの幸運でしかない。次の近江戦でどうなるか、まあ、負けても評価が下がることは無いだろうが、スピードをセーブするなら、それなりのコントロールで勝負するのが当然だが、スピードを落としてコントロールが良くなるようでもなさそうだし、なかなか難しい。近江打線に捕まる可能性は高いと思う。
近江は林が投げたばかりだから、別の投手が投げるだろうが、それでも金足農業打線は抑えるのではないか。捕手の有馬は実にリードが上手く、制球力と変化球のすぐれた林との相性は抜群だが、他の投手(ほかにも先発投手が二人いたと思う。)でも何とかなりそうな感じがする。抑えの金城が絶不調だが、そろそろ変化が出てくる可能性もある。背番号1のエースナンバーは伊達ではあるまい。とにかく、使える投手の数がいるのは大きい。

(以下引用)


 一方、九回に最速となる150キロをマークした金足農の吉田は、さすがドラフト1位候補である。3試合連続2ケタとなる14三振を奪って4失点完投。ここまで一人で投げているため、疲れからか、いつものスピードはなかったが、指に掛かった時の浮き上がるような直球の質がいい。場面や相手を見ながら、状況に応じてメリハリをつけて投げていて、通常140キロ台半ばの直球を下位打線の時は140キロ前後に抑えるケースがある。これから注意が必要なのは、スライダーでストライクを取りにいく時。直球に振り遅れている打者に、球速が10キロほど遅いスライダーはドンピシャでタイミングが合うことがあるのだ。

 問題は疲労である。秋田大会で43回、甲子園3試合で27回(475球)の計70回を一人で投げ続けている。同じようなケースでは、教え子の涌井(現ロッテ)を思い出す。

創志学園西投手がマウンド上の態度(ガッツポーズなど)を主審に注意されてペースを乱したから負けた、みたいなことを言っているようだが、サヨナラの場面はまったくの独り相撲の結果であり、マウンド上でいつものジェスチャーができなかったから調子を乱した、という内容ではなかったと思う。
まあ、高校2年生というと中味は中学生のガキというのがほとんどだし、わざとゆるめの帽子をかぶって、投げるたびに頭から落ちるのをカッコいいと思っているなど、頭がヤンキーという感じの選手ではあるが、主審も何も試合の途中で(試合の一番最初らしい)注意することはない。注意するなら、全国の高校生に通達すべきである。特定の個人に、しかも試合途中で注意するのは「プレー妨害」行為であり、もう一方のチームに加担する不正行為である。今大会は西投手以外でも、主審がマウンドに行って何か声をかけるのが多くて気味が悪い。


(以下、「野球の記録で話したい」読者コメント欄から転載)


コメント一覧

    • 1. Johnny
    • 2018年08月16日 10:48
    • う〜ん…
      Unwritten ruleは、確かに金科玉条ではないですけど、ある程度マナーに立脚しているものだとは思いますけどね。
      不思議な話ですが、大差の試合での盗塁など必要以上に相手を痛めつけない、相手の尊厳をRespectする、とか、Unwritten ruleの多くはアメリカで生まれたものであるにも関わらず、武士道に通じる精神があると個人的には思っています。
      そういうのは、教育の一貫たる高校野球で指導するのは、決して悪いことではないと私は思いますけどね。
      ちなみに、今回竹中氏が使ったUnwritten ruleという言葉の使い方は、僕はそこまでトンチンカンだとは思いませんでした。実際あれは、その後報復されても文句の言えないパフォーマンスだったと思いますし。

      > アメリカの野球文化を手本にするのならば、アンリトゥン・ルールより前に、子供の球数制限とか、健康面の管理とか、もっともっと先に見習うべきことがたくさんあるだろう。

      これは完全に同意ですけどね。
    • 2. kari
    • 2018年08月16日 10:50
    • ガッツポーズの件に関しては、程度の問題なんでしょうね。個人的には西投手のはやりすぎだと感じました。西投手は素晴らしい投手なので、今後国際大会に出場することもあるかもしれません。何が正しいのかは別にして、MLBのアンリトゥン・ルールは国際大会ではほぼそのままの解釈をされていると思います。その時に、あれをやったら不味いと思います。国際大会では相手への敬意を欠く行為として見られ、何らかのペナルティを受けることは確実でしょう。

      ただ、こういったことは監督やコーチが教えることでしょう。おそらくは事前に分かっていたでしょうから、審判の注意の仕方もこっそりと呼び出す等、もっと方法を考えるべきだったと感じます。私は、注意すること自体は間違いではないと思いますが、方法が悪かったと思いますね。こんなことでペースを乱された西投手は気の毒です。

      アンリトゥン・ルール等と言って、アメリカの野球を手本とするのなら、どう考えても球数制限や日程の緩和等の措置を講じる方が先でしょう。都合のいいことばかりアメリカの野球を引き合いに出していて不快極まりないです。
      この試合で西投手は171球を投げています。こっちを話題にしないでガッツポーズの方ばかりを話題にするのは明らかに誤りだと思いました。
    • 3. Sai
    • 2018年08月16日 12:20
    • 投球後のガッツポーズにケチを付けるのならヒットやホームランを打った後のガッツポーズもたいがいだと思うんですがどうなんでしょうか。
    • 4. エタロー
    • 2018年08月16日 15:03
    •  失礼します。
       私が一番気に入らないのは、一貫性の無さです。200球近い「熱投」や「痛みに耐えて」を許容(推奨)する、燃え尽きろ青春残酷ショー路線ならば、ガッツポーズや咆哮は一興でしょう。ガチガチの野球道路線なら、鳴り物応援は禁止、感情を露にしたら奪三振もホームランも無効にしたらいい。
       だいたい、ダメだと言うなら一回戦が終わってから注意する時間はあった。数年前の「カット打法」騒動を思い出します。
       不文律云々にしても、長い長いシーズンを戦う上で培われたものでしょう。マナーと言うなら、予め広く共有すべきです。
       感情的になってしまいましたが、高校生のことを第一に考える組織にならない限り、高野連の言うことはまともに受け止める気になりません。
       失礼しました。
    • 5. 椎名次郎
    • 2018年08月16日 16:27
    • アンリトゥン・ルールを高野連が持ち出すというのならば、当然、報復死球も込みということでよろしいのでしょう。
    • 6. jum
    • 2018年08月16日 16:27
    • この試合で西投手に170球以上投げさせたことに関して、監督が
      「3年生の投手もいたが、西に最後まで投げさせた。この甲子園という舞台で西にきついお灸をすえる意味もあった。」
      とコメントしていたのも気になりました。
    • 7. 宮本明
    • 2018年08月16日 16:46
    • 私はあのガッツポーズは多分に『高校生らしい』と思うのですが。
    • 8. ゆう
    • 2018年08月16日 20:53
    • 少しトピックがズレますが、私はいくら100回記念大会だからといっても、往年のプレーヤーを呼んで始球式をやっていることに首をかしげます。(別に嫌ではないですが。)

      高校野球は教育の一環としてやっているという建前のはずなら、往年のプレーヤーを呼ぶ必要はない。粛々と試合すれば良いだけです。

      マスメディアには意外なほど、こちらの件で否定的意見がないのに、少し驚いているので、書かせて頂きました。
    • 9. VP
    • 2018年08月16日 22:52
    • まあ、つまらない部分で注文つけるんだなぁと半ば呆れはしましたが。

      改めて試合を観てみると、ちょっと回数やりすぎなのと、高田延彦みたいに全身反らせてのポーズしたり、いちいち帽子飛ばしたりするのは、観戦する側でも気持ち良いものではなかったし、ましてや対戦チームだったらどんな気持ちになったんだろうとは思った。

      ガッツポーズを注意されただけで崩れるくらいでは、西は全国的にはまだ大したレベルの投手ではないというのが、個人的見解です。


現在の横浜の順位は知らないが、おそらく最下位だろうし、その順位に相応しい実力である。と言うより、チーム全体、やる気がまったく無いのではないか。個人成績と年俸アップ以外に興味の無い連中が集まって、勝てるわけがない。現在の松坂から6回で3点しか取れないのは、横浜高校出身の連中の、先輩への忖度かwww
ラミレスは松坂が相手だから横高出身者を多く使ったと言っているが、その何が面白いのか。真面目に戦う気があるのか。もはや、DeNAは内部崩壊しているようだ。私がオーナーなら、この試合(一種の片八百長)の一件だけでラミレスを首にする。もちろん、ここまでの馬鹿げた指揮の積み重ねの結果であり、この試合は「最後の藁一本」である。





2018年08月16日21時23分01秒更新


中日 対 DeNA

【試合終了】 中日9勝11敗0分け


◇公式戦◇開始18時01分◇ナゴヤドーム◇観衆35868人



【DeNA】
守備選手名 打数得点安打打点通算率HR 1  2  3  4  5  6  7  8  9 
(中)荒波(左).000四球……三振……三振……………… 
打中桑原(右).272………………………………左安四球 
(二)石川(左).282二ゴ……三安……四球……二ゴ遊飛 
藤岡(左).000         
(一)ロペス(右).30618捕邪……左本……右飛……右飛三ゴ 
(左)筒香(左).29324三振……左2…………中飛四球……四球
(三)宮崎(右).32820……右2右飛…………中飛右安……投ゴ
(右二)ソト(右).29721……遊ゴ……二飛……中本遊飛……右飛
(遊)倉本(左).227……左飛……二ゴ……四球……三振遊ゴ
(投)京山(右).000……三振……三振…………………… 
エスコバー(左).000         
田中浩(右).200…………………………三振………… 
平田(右).000         
打右佐野(左).237……………………………………右安 
(捕)嶺井(右).184…………左飛……右飛……左本投安 
3710.249122残塁11、併殺0

チーム  計  
DeNA002001200
中  日12141200X11

【中日】
守備選手名 打数得点安打打点通算率HR 1  2  3  4  5  6  7  8  9 
(右)平田(右).333左本左2……左2右3……左安…… 
(遊)京田(左).233三振遊ゴ……ギ野左犠……遊ゴ…… 
(中)大島(左).266三ゴ……二ゴ中犠三振……三振…… 
(一)ビシエド(右).33117中飛……三ゴ右2……三振……四球 
(左)藤井(両).259……一ゴ三安左2……右安……右飛 
(二三)高橋(左).263……左2右安左安……右本……三邪 
(三)福田(右).265……四球左安三振……三振………… 
浅尾(右)---         
工藤(左).222……………………………………二ゴ 
三ツ間(右)---         
(捕)松井雅(左).238……四球四球三振……二ゴ………… 
武山(右).094         
(投)松坂(右).118……三振三振……右飛……………… 
岡田(左)---         
福谷(右)---         
打二亀沢(左).279………………………………遊飛…… 
36111411.26368残塁8、併殺0

投手成績 勝利敗戦試合回数打者球数安打三振四球死球失点自責通算
防御
京山(右)1018635.96
 エスコバー(左)3912394.03
 平田(右)15316.35
 藤岡(右)163.68
松坂(右)261022.79
 岡田(左)190 2/3198.10
 福谷(右)160 1/32.87
 浅尾(右)190.00
 三ツ間(右)2118.00
◇本塁打
平田6号(ソロ120m=京山)
ロペス18号(2ラン110m=松坂)
ソト21号(ソロ130m=松坂)
高橋7号(2ラン120m=平田)
嶺井3号(ソロ125m=岡田)
◇試合時間
3時間11分
◇球審
笠原
◇塁審
杉本
山村
村山





平良海馬の顔は初めて見たが、海馬というより河馬であるwww まあ、愛嬌のある顔だ。これで、球速が150キロ平均出るらしいから楽しみだ。本人の希望では将来は抑えをやりたいということらしい。体型的にも、短いイニングに集中して投げるタイプかもしれない。



002943

ベスト16と3回戦対戦相手が決まったようだ。面白いメンツになったのではないか。まあ、県立高校2校がここまで残ったのは偉いが、3回戦を勝ち抜くのは厳しいように思う。金足農業吉田が横浜高校相手にどういう投球をするかどうか。2日の休養だけでは体力回復は難しいだろうから、投手が実質的に1人しかいない、バックも強くはないチームが横浜のような戦力豊富なチームに勝つのは困難だろう。吉田が安楽のようにならないためにはこの辺で負けたほうがかえっていいかもしれない。
大阪桐蔭はここまでずっと対戦相手に恵まれているように思う。
なお、ネットに「西東京キチガイ」が現れて不快なコメントをまき散らしているので、私は(おそらく他の人々も)すっかり西東京(つまり日大三)が嫌いになってしまった。次の試合で龍谷大平安(私は京都在住だが、龍谷大平安はさほど好きではない。原田監督の顔が嫌いなのかもしれない。松田遊撃手には選手として興味がある。)に勝ってもらいたいと思う。まあ、この2校は戦力は同じくらいだと思うから、試合自体興味深い。





507: 風吹けば名無し 2018/08/15(水) 19:16:25.42
2018年夏16強
①報徳学園____ - 愛知工業大学名電
②二松學舍大学附属 - 浦和学院____
③済美______ - 市立高知商業__
④大阪桐蔭____ - 県立高岡商業__
⑤近江______ - 常葉大学附属菊川
⑥県立金足農業__ - 横浜______
⑦下関国際____ - 木更津総合___
⑧日本大学第三__ - 龍谷大学附属平安

552: 風吹けば名無し 2018/08/15(水) 19:17:03.71 ID:w54oaQ8K0
>>507
割りとええ面子やん

517: 風吹けば名無し 2018/08/15(水) 19:16:32.34 ID:kn/h4pNe0
3回戦午前8:00開始予定
報徳学園(東兵庫)-愛工大名電(西愛知)

3回戦午前10:30開始予定
二松学舎大付(東東京)-浦和学院(南埼玉)

3回戦午後1:00開始予定
済美(愛媛)-高知商(高知)

3回戦午後3:30開始予定
大阪桐蔭(北大阪)-高岡商(富山)

8月17日(金)
3回戦午前8:00開始予定
近江(滋賀)-常葉大菊川(静岡)

3回戦午前10:30開始予定
金足農(秋田)-横浜(南神奈川)

3回戦午後1:00開始予定
下関国際(山口)-木更津総合(東千葉)

3回戦午後3:30開始予定
日大三(西東京)-龍谷大平安(京都)

ベスト16楽しそうンゴねえ


  1. 今年の高校生にはドラ1レベルはいない、というのが蔵さんの見方らしい。私はそうは思わない。吉田輝星(大学進学は最悪の選択だろう。江川卓は大学に進学したために200勝投手にもなれなかった。高卒プロ入りしていたら250勝はしていただろう。)などは、5年に一人レベルだと思うし、小園や奈良間などは、どの球団に行っても、ポジションはともかく、必ず将来レギュラーになるだろうと思っている。平安のショートも、大化けする可能性は高いと思う。かえって根尾や藤原のほうが、物にならない気配を感じる。柿木は、性格がいかにも投手という感じで、気が強そうである。たぶん、大成すると思う。あの面構えがいい。小園や奈良間も、同様に面構えがいい。根尾や藤原に危険性を感じる理由は、自分の実力とマスコミ評価のギャップをプロで感じた時に、挫折する可能性が高いのではないかと思うからだ。プロの二軍には自分以上の選手がごろごろいるのを見た時に、どういう気持ちを持つかだ。花咲徳栄の野村なども、性格の弱さを感じる。その点では早実の野村のほうが上ではないか。ただ、どちらの野村も、打つだけの選手、それも、プロでは平均レベルという気がする。まあ、いずれにしても、高校生の打力は木製バットを持たせないと判断はできない。
  2. 蔵建て男 @kuratateo 9時間前
  1. 高校時点での判断になりますが、打つだけならば 山下(健大高崎)あたりは上位指名と差を感じませんし、昨年の村上(九州学院-ヤクルト1位)あたりと遜色ないのではないかと感じます。村上がここまで一年目からやるとは思っていませんでしたが、山下は走力も想像以上に速くて驚きました。
  2. 2件のリツイート 15 いいね
  3. 取り消す
  1. 藤原・小園などは、非常に意識が高く、野球もよく知っている好選手という印象があります。しかしポテンシャルとしては、そこまで大物なのか?という気もしております。純粋にポテンシャルだけでいえば、根尾や大学生ですが、辰己(立命館大)あたりの方が選手としてのスケールは感じます。
  2. 6件のリツイート 19 いいね
  3. 取り消す
  1. 今年人気の 根尾・藤原(大阪桐蔭)・小園(報徳学園)など、三拍子そろったアスリート系が有力な1位候補になっています。高校生投手は、渡辺(浦和学院)・吉田(金足農業)・引地(倉敷商)あたりが、上位候補にあがります。高校生左腕で、上位指名(2位以内)の選手は今年はいないのではないかと
  2. 10件のリツイート 22 いいね
  3. 取り消す
    1. 9時間前
    1. 昨年はドラフト史上初の、強打者タイプの高校生が一度に4名も指名された年でした。今年の長打を売りにするようなタイプの、野村(花咲徳栄)・野村(早実)・林(智弁和歌山)・濱田(明豊)などは、いずれも1位指名される選手はいないのではないかと考えられます。
    2. 2件の返信 5件のリツイート 12 いいね



エラーで出たランナーがホームに還っても投手の自責点にはならないことは知っていたが、では、エラーで出たランナーを打って還した打者に打点は付くのか。私は当然、付くと思っていたが、日刊スポーツのスコアの打者の打点欄の記載がおかしいので気になって調べてみた。やはり、打点は付くようである。そりゃあそうだ。エラーのランナーだろうが何だろうが、打者にはそれは無関係な話であり、それを還したら打者の功績である。
なお、投手自身がエラーで出したランナーがホームに還っても投手の自責点にはならない、というのは少し不思議である。これは、投手は、投げ終わったら野手と同じという扱いで、野手責任だから投手成績(つまり、投げることの成績)には含めない、という考えだろうか。





エラーによる失点・自責点・打点について教えてください。 スコアをつけることに...


  • はてブ



  • 知恵コレ


kuw********さん


2012/4/213:44:23



エラーによる失点・自責点・打点について教えてください。
スコアをつけることになったので、お願いします。


具体的な場面で例を上げさせていただきます。
以下の場合は失点ですか?自責点ですか?、また打者に打点はつきますか?

1.エラーで出塁したランナーがヒットで生還
2.ヒットで出塁したランナーがエラーで生還
3.エラーで出塁したランナーがエラーで生還
同じくエラーで出塁したランナーがセカンドゴロで生還


4.ヒットで出塁したランナー(2塁)が次のレフト前ヒットで3塁に行ったが、悪送球で生還。
5.エラー(3塁)・エラー(2塁)・ヒット(1塁)の満塁でヒットで打たれて2人生還。
6.5と同じ状況で満塁ホームラン

お手数ですが何卒お願いいたします、

閲覧数:
13,212
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告


ベストアンサーに選ばれた回答


プロフィール画像


カテゴリマスター

編集あり2012/4/319:39:23



「失点が自責点になるかどうか」ですが

(1)投手の責任による理由により出塁した走者であること
(2)出塁した走者が本塁に到達するまでの間に「ミスプレイによりアウトを免れて塁上に生き残る」プレイが介在しないこと
(3)ミスプレイの隙を突いた進塁により本塁に到達していないこと。
(4)ミスプレイの隙をついて進塁した後に投手の責任による理由で本塁に到達した場合、ミスプレイとは無関係に得点できるような長打が理由であること
(5)投手がそのイニングにおける「3つ目のアウトの機会」を得るより前の失点であること

この5つの条件全てにあてはまる時に走者の得点は「失点+自責点」として記録されます。
逆を言えばどれか一つにでも当てはまる失点の場合には「非自責点」として「失点」のみが記録されるわけです。

次に「打点」ですが、

安打、犠牲バント(スクイズプレイ)、犠牲フライ、満塁時の四死球または打撃妨害によって得点を得た場合。

の他、内野ゴロで打者走者または他の走者がアウトになる間に走者を得点させた場合においては

(1)失策が絡んだプレイにおいては、失策の有無とは無関係にその走者が得点できたと判断できること。
(2)フォースダブルプレイまたはリバースフォースダブルプレイが行われる間の得点ではないこと

の両方に当てはまる場合に打点を記録します。

従って回答は以下のようになります。
なお「失策でアウトを免れたプレイ」が発生した場合には原則として「アウトの機会1」が与えられますから、「実際のアウトカウント+アウトの機会の数」の合計が3に達した以降の失点は全てが自責点とはなりません。自責点条件(5)はそのことを言っています。

A1.
自責点の条件(1)に該当しないので非自責点
打点は記録される

A2.
失策の隙をついてホームインした場合は自責点条件(3)に該当しないので非自責点
失策が発生したプレイ中において野手のミスプレイと走者のホームインに因果関係が認められない場合は自責点。

打点になるかどうかの判断基準も同様。

A3.
A1と同じ理由によりどちらも非自責点。

打点については失策を利して得点した場合は記録せず、セカンドゴロの方は打点を記録。

A4.
悪送球という失策を利して本塁へ進んでいるので非自責点。
打点も記録しない。

A5.
「失策によりアウトを免れた走者」が生還したのでA1と同様に非自責点
安打で2人生還したので打点2を記録。

A6.
失点4・自責点2。
「安打で出塁した走者」と「本塁打を打った打者」は自責点の対象。
満塁本塁打(安打)による生還なので打点は4。

以上、大まかな説明ですので実際には野球規則を購入して読んでいただくと更に分かりやすくなるかと思います。
また、日本野球連盟(硬式アマチュア競技を統括する団体)から記録の付け方に関する書籍が出たそうなので、それを入手して勉強するのも良いかと思います。




「ドラフト会議」というサイトから転載。
高校生は甲子園大会の間でだいぶ顔ぶれが変わるのではないか。




2018年ドラフト指名予想



 2018年ドラフト指名予想です。2018年8月14日更新!


赤:指名公表・指名濃厚、緑:指名の可能性あり・スカウトがマークしている



 1位入札外れ1位2位3位以降
千葉
ロッテ
藤原恭大 大阪桐蔭
根尾 昂 大阪桐蔭
松本 航 日本体育大
甲斐野央 東洋大
上茶谷大河 東洋大
梅津晃大 東洋大
辰己涼介 立命大
吉田輝星 金足農
頓宮裕真 亜細亜大
辰己涼介 立命大
野村大樹 早稲田実
野村佑希 花咲徳栄
東妻勇輔 日本体育大
近本光司 大阪ガス
菅野秀哉 法政大
田宮裕涼 成田
大谷拓海 中央学院高
滝田承太郎 日体大柏
東京
ヤク
ルト
藤原恭大 大阪桐蔭
根尾 昂 大阪桐蔭
甲斐野央 東洋大
上茶谷大河 東洋大
梅津晃大 東洋大
辰己涼介 立命館大林晃汰 智弁和歌山
吉田輝星 金足農
野村大樹 早稲田実
富山凌雅 トヨタ自動車
森田駿哉 法政大
米倉貫太 埼玉栄
菅野秀哉 法政大
坂本光士郎 新日鐵住金広畑
古谷拓郎 習志野高
市川悠太 明徳義塾

日置航 日大三
中山翔太 法政大
岡野祐一郎 東芝
北海道
日本
ハム
根尾 昂 大阪桐蔭
小園海斗 報徳学園
藤原恭大 大阪桐蔭
甲斐野央 東洋大
梅津晃大 東洋大
上茶谷大河 東洋大
野村佑希 花咲徳栄
太田 椋 天理高

松本 航 日本体育大
頓宮裕真 亜細亜大
米倉貫太 埼玉栄
野村大樹 早稲田実
野村佑希 花咲徳栄
青島凌也 東海大
東妻勇輔 日本体育大
大谷拓海 中央学院
近本光司 大阪ガス
齋藤友貴哉 Honda
沢田龍太 富山商
羽田野温生 汎愛高
中日根尾 昂 大阪桐蔭
藤原恭大 大阪桐蔭
小園海斗 報徳学園
甲斐野央 東洋大
梅津晃大 東洋大
上茶谷大河 東洋大
辰己涼介 立命館大
野村佑希 花咲徳栄
松本 航 日本体育大
吉田輝星 金足農
石橋康太 関東第一
栗林良吏 名城大

米倉貫太 埼玉栄
野村大樹 早稲田実
野村佑希 花咲徳栄

松本 航 日本体育大
東妻勇輔 日本体育大
森下翔太 東海大相模
辰己涼介 立命館大
生田目翼 日本通運
近本光司 大阪ガス
齋藤友貴哉 Honda
増田陸 明秀日立
柿木蓮 大阪桐蔭
頓宮裕真 亜細亜大
東妻勇輔 日本体育大
オリ
ックス
小園海斗 報徳学園
藤原恭大 大阪桐蔭

根尾 昂 大阪桐蔭
甲斐野央 東洋大
梅津晃大 東洋大
上茶谷大河 東洋大
吉田輝星 金足農吉田輝星 金足農
辰己涼介 立命館大
柿木 蓮 大阪桐蔭
近本光司 大阪ガス
齋藤友貴哉 Honda
東妻勇輔 日本体育大
白銀滉大 駒澤大
平尾奎太 Honda鈴鹿
巨人根尾 昂 大阪桐蔭
藤原恭大 大阪桐蔭
小園海斗 報徳学園
甲斐野央 東洋大
梅津晃大 東洋大
上茶谷大河 東洋大
野村大樹 早稲田実
野村佑希 花咲徳栄
辰己涼介 立命館大
吉田輝星 金足農
青島凌也 東海大
増田陸 明秀日立

中川卓也 大阪桐蔭
草薙柊太 国士舘高
小泉航平 大阪桐蔭
山下航汰 健大高崎
羽田野温生 汎愛高
相川亮太 館山総合
新保利於 瀬戸内
日置航 日大三
東北
楽天
甲斐野央 東洋大
上茶谷大河 東洋大

梅津晃大 東洋大
藤原恭大 大阪桐蔭
根尾 昂 大阪桐蔭
吉田輝星 金足農
野村佑希 花咲徳栄
頓宮裕真 亜細亜大
青島凌也 東海大
高橋優貴 八戸学院大
林晃汰 智弁和歌山
柿木 蓮 大阪桐蔭
白銀滉大 駒澤大
万波中正 横浜
近本光司 大阪ガス
鈴木翔天 富士大

羽田野温生 汎愛高
草薙柊太 国士舘高
横浜
DeNA
藤原恭大 大阪桐蔭
小園海斗 報徳学園
根尾 昂 大阪桐蔭
甲斐野央 東洋大
上茶谷大河 東洋大
梅津晃大 東洋大
野村佑希 花咲徳栄
吉田輝星 金足農
増田陸 明秀日立
引地秀一郎 倉敷商
勝又温史 日大鶴ヶ丘
森下翔太 東海大相模
北村恵吾 近江
頓宮裕真 亜細亜大
沢田龍太 富山商
齋藤友貴哉 Honda
笹川晃平 東京ガス
万波中正 横浜
佐山航平 日本製紙石巻
菅野秀哉 法政大
埼玉
西武
甲斐野央 東洋大
上茶谷大河 東洋大
梅津晃大 東洋大
太田 椋 天理高
松本 航 日本体育大
齋藤友貴哉 Honda
根尾 昂 大阪桐蔭
藤原恭大 大阪桐蔭
高橋拓巳 日本生命
坂本光士郎 新日鐵住金広畑
高橋優貴 八戸学院大
東妻勇輔 日本体育大
富山凌雅 トヨタ自動車
野村大樹 早稲田実
野村佑希 花咲徳栄
清水昇 国学院大
生田目翼 日本通運
近本光司 大阪ガス
米倉貫太 埼玉栄
万波中正 横浜
菅野秀哉 法政大
鈴木翔天 富士大
阪神藤原恭大 大阪桐蔭
根尾 昂 大阪桐蔭
小園海斗 報徳学園
辰己涼介 立命館大
吉田輝星 金足農
甲斐野央 東洋大
松本 航 日本体育大
上茶谷大河 東洋大
梅津晃大 東洋大
太田 椋 天理高
太田 椋 天理高
引地秀一郎 倉敷商
富山凌雅 トヨタ自動車

山本隆広 関西大
山上大輔 立命館大
吉川峻平 パナソニック
東妻勇輔 日本体育大
近本光司 大阪ガス
坂本光士郎 新日鐵住金広畑
鈴木翔天 富士大

平尾奎太 Honda鈴鹿
菅野秀哉 法政大
頓宮裕真 亜細亜大

清宮虎太朗 八千代松陰
羽田野温生 汎愛高
福岡
ソフト
バンク
根尾 昂 大阪桐蔭
小園海斗 報徳学園

藤原恭大 大阪桐蔭
甲斐野央 東洋大
上茶谷大河 東洋大
梅津晃大 東洋大
高橋優貴 八戸学院大
松本 航 日本体育大
東妻勇輔 日本体育大
松本 航 日本体育大
東妻勇輔 日本体育大
太田 椋 天理高
野村大樹 早稲田実
野村佑希 花咲徳栄

市川悠太 明徳義塾
近本光司 大阪ガス
飯嶋海斗 東海大
頓宮裕真 亜細亜大

相川亮太 館山総合
広島甲斐野央 東洋大
根尾 昂 大阪桐蔭
小園海斗 報徳学園
藤原恭大 大阪桐蔭
吉田輝星 金足農
上茶谷大河 東洋大
梅津晃大 東洋大
林晃汰 智弁和歌山
野村大樹 早稲田実
野村佑希 花咲徳栄
齋藤友貴哉 Honda
富山凌雅 トヨタ自動車
高橋拓巳 日本生命
近本光司 大阪ガス
菅野秀哉 法政大
鈴木翔天 富士大
平尾奎太 Honda鈴鹿
石橋康太 関東第一
勝又温史 日大鶴ヶ丘
山岡就也 国学院大
羽田野温生 汎愛高
忍者ブログ [PR]