忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
私は根尾にはさほど魅力を感じないのだが、たとえば守備が大和クラスに育つ可能性があるのなら、ドラ1でもいいかな、という気持ちだ。打撃なら、根尾よりは藤原のほうが上だろうし、投手としてはプロレベルになるとは思えない。いや、頭は良さそうだから上手くいけばローテーション投手にはなれるだろうが、東(DeNA)ほどの投手にはならないだろうし、球の質なら吉田のほうが大きな可能性を持っているように思う。遊撃手としてなら、たとえばオリックスの安達程度の打者になるような気がする。打球の質が長距離打者には見えないし、穴も多いと思う。大阪桐蔭の監督が彼を3番打者や4番打者ではなく、5番に置き続けたのは、「打撃の安定性は無いが、大きな仕事をやれる可能性がある打者」だからだろう。つまり、打者としては中川や藤原以下の評価だったと思う。
まあ、去年の清宮に関しては、思ったより早く木製バットに対応したな、という感じだが、一塁レギュラーで使うだけの価値があるとはまだ思わない。高校生野手の評価というのは、打撃だけではない。横浜が清宮を獲っていたとしても、使えるのは何年も後のことだっただろうし、日ハムでこそ順調に育ったが、横浜で清宮が育てられたとは思わない。
頓宮の場合は、捕手として育ててもいいし、一塁手として育ててもいいし、おそらく1年目から1軍に帯同して使えるのではないかと思う。もちろん、最初は捕手としてではなく、代打が中心になるだろう。
辰巳は詳しく見たことがないので、何とも言えない。蔵さんは非常に高く評価しているようだが、彼が大舞台で活躍したことがないのが私には気になる。大成功して大島レベル、という感じではないだろうか。
結論を言えば、今年は「有名選手と無名選手の差が小さいから、無名選手の買い時だ」ということである。特に高校生野手の多くは過大評価だろう。頓宮など、おそらく一般的知名度は低いだろうからお買い得である。

  1. 蔵建て男‏ @kuratateo 4時間4時間前
  1. 根尾さんは、立浪以来の高卒規定打席遊撃手になれるかもという期待を抱けるぐらいの、今年のドラフトの目玉。
  1. 頓宮さんは、アジャ以上・山川以下 の素材だと思っているので、5年ぐらいすればモノになるかもしれない。
  1. 今年みていてワクワクする打者は、根尾(大阪桐蔭)さんの秘めたる無限の可能性。辰己(立命館大)の本気になったら凄そうな三拍子のポテンシャル。そして頓宮(亜大)の、何かよくわからないけれど、とにかくエグい打球。
PR
大山と梅野の打撃開眼が中村紀洋の動画打撃教室を見てのものだというのはたぶん事実だと思うが、その二人とも、打つポイントを前にすることで打撃が向上したと思う。私もあの動画を見たが、中村の教えのポイントはそこなのである。つまり、速い球に負けない(差し込まれない)打撃だ。
だが、前で打つ打撃が万能というわけではない。この前、巨人戦で阪神の大山と梅野の打撃がほとんど封じられたのは、大城のリードが、「前で打つ」打撃への対応だったからである。具体的には、「緩い変化球から入り、その緩い球の意識を打者に植え付ける」というものだ。当然、緩い球への意識があると、無意識に後ろのポイントで待つことになり、速い球を前で打つことが難しくなる。



253: 名無し 2018/09/27(木) 21:10:38.91 ID:JNIV25aT0
ここまで甲子園で打てない原因って何なん?

308: 名無し 2018/09/27(木) 21:13:16.86 ID:k0FBj3Fg0
>>253
ソトロペスと陽川中谷の打撃見くらべれば明らかなように阪神の右打者の打つポイントが後ろすぎる
これだとストレート投げてればレフトスタンドには入らない
前で打ててるのは梅野だけやな

1963年の「週刊ベースボール」記事の抜粋らしい。
20代で300勝到達というのも凄い話だが、先発しない時はリリーフで投げていたらしく、「3日に1度の登板にしてほしい」と監督に直訴したというのが笑える。今時の過保護ピッチャーに聞かせたら目を回すだろう。

(以下引用)


 29歳で300勝投手となった金田は(さらっと書いたがすごい話だ)、次なる目標400勝に向け、
「ワシは体を大切にせないかん」と、浜崎監督に3日に1回の登板にしてほしい、と頼んでいた。

 6月1日の大洋戦(東京)だった。国鉄は6回まで2対0で勝っていたが、追いつかれ、延長戦へ。ここで浜崎監督は金田へ登板を頼んだが、29日に投げていた金田は「きょうはあかん」と断った。
 
 試合は敗れ、浜崎は「チームのためを思ったら、あそこでカネにやってもらわないかんぜ」とぼやいた。

 金田は翌2日に登板し、完封勝利。金田は言う。
「プロの選手なんてものはな、結局は自分にしか頼れないものなんや。ワシが勝利投手になって帰ってくると、みんな握手してくれるが、本当は形だけ。自分一人で右手と左手で握手してるのと同じようなものなんだよ」
 渋い言葉だ。

 では、またあした。
下のスレ主がどういう根拠で各人を選んだのか知らないが、オリックスファンではあるのだろうから、この選定に少しは根拠もあるかと思う。
ここには載せてないが、他のコメントに「中畑監督にしろ」という声があり、私もそれに賛成である。
オリックスの課題は、来季の優勝とかAクラス入りとかではなく、チーム体質の改善とファン数拡大だろう。とすれば、中畑監督以外には適役はいない。
面白い野球をやりそう、ということでは新庄なども候補だが、「野球に対する不真面目さ」が、その面白さの原因なのだから、危険な人選になる。
田口は、1年間はヘッドコーチをやるのがいいのではないか。

監督:中畑
ヘッドコーチ:田口(あるいは、中畑に選ばせる)
一軍打撃コーチ:藤井
一軍投手コーチ:佐藤義則
一軍バッテリーコーチ:?(里崎)
一軍守備走塁コーチ:大島
二軍監督:?(田口留任?)
二軍打撃コーチ:中村紀洋
二軍投手コーチ:西本聖

といったところでどうか。中村紀洋は、若手野手の打撃を見させるのがいいかと思う。
他球団出身でも、テレビ解説でいい解説(合理性のある解説)をする人なら「野球脳がある」ということなのだから、いいコーチになれると思う。里崎や西本などはテレビ解説ではなくネット記事での発言を見ると、非常に頭も勘もいいと思う。なぜロッテや巨人に呼ばれないのか不思議である。







1: 名無し 2018/09/25(火) 23:59:28.97 ID:Tqln2dm90
監督 田口
ヘッド 藤井
打撃 大島公一 水口栄二
投手 佐藤義則 小松
守備走塁 勝呂 佐竹
バッテリー 光山


2: 名無し 2018/09/25(火) 23:59:44.17 ID:Tqln2dm90
異論は認める
勝呂は内部昇格


昨日、記事を書いてネットに上げた途端(つまり、「公開する」をクリックした途端)、記事が消えてしまう事故があったので、試しにこの記事を公開してみる。
なお、昨日の記事は、その日の巨人阪神戦の大城のリードを褒めたもので、下の引用コメントは今日の阪神巨人戦のものである。昨日今日と阪神の若手好調打者たちをほぼ完全に抑えたリードは褒めていい。




248: 風吹けば名無し 2018/09/24(月) 17:59:16.42 ID:M62QxMjm0
大城もゼロ封に貢献したのは良かったが打つ方はまったく期待できねえな

251: 風吹けば名無し 2018/09/24(月) 17:59:43.30 ID:DlrThBF6p
大城のリード完璧やったな




少し前の記事で日体大の東妻投手を3年生と書いたのは、参照した記事のミスのようであり、4年のようだ。それなら、今年のドラ1候補として私は推す。
しかし、ドラフト関係サイトによると、DeNAスカウト陣は彼に着目していないらしい。
私は関西に住むようになって阪神が大嫌いになったが、その前は巨人が一番嫌いだった。まさに、傲慢不遜を絵に描いたような球団だったからだ。
広岡の言葉も傲慢不遜ではあるが、彼は傲慢であって当然という時代の巨人の人間だから、理解はできる。それに、彼の監督としての力量と実績はケチのつけようがない。つまり、現在の巨人を批判する資格のあるOBだ。
ただ、広岡はV9巨人のメンバーではないが、V9巨人のメンバーは、下の記事の黒江を除いて(巨人とべったりだからか)なぜか現在の高橋の野球を批判しない。だからいつまでも高橋の野球は進歩しない。まあ、他球団にとっては結構なことである。


(以下引用)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00000005-pseven-spo
 球団の“顔”である以上、プロ野球の監督は常に、結果に対して責任を負うことが求められる。現役引退後、即巨人の監督になって3年──今では「不名誉な記録コレクター」とまで揶揄される高橋由伸監督(43)は、来年もまた巨人のユニフォームに袖を通すべきなのか。

 エース・菅野智之(28)をマウンドに送り出した試合で、打線は散発3安打の1得点──9月15日、巨人はDeNAに1対3で敗れ、リーグ優勝の可能性が消えた。

 4年連続V逸は球団史上ワーストタイ。高橋由伸監督は、今季が3年契約の3年目。だが、優勝を逃す3日前、巨人の山口寿一オーナーは「来季も腕を振るってもらいたい」と続投を示唆した。

「解任が囁かれていただけに衝撃でした。岡本和真(22)ら若手の成長が評価されたようですが、優勝が消えた上、CS進出を逃す可能性もある。早い段階での続投オファーに疑問の声は根強い」(巨人軍関係者)

 続投要請に厳しい声をあげたのは、巨人の栄光の時代を知る大物OBたちだ。

「高橋監督は3年間でまったく成長していません」

 そう断じたのは、広岡達朗氏(86)。現役時代は名遊撃手として活躍し、巨人を引退後は、低迷するヤクルトや西武を日本一に導いた名将だ。

「巨人ではリーグ優勝が当たり前、日本一になって初めて褒められる。高橋監督はもう一度、野球とは何かを勉強し直した方がいい。監督1年目のオフに私の経験をもとに直接アドバイスもしたが、全くやろうとしない。岡本をスラッガーに育てたというが、若手を何人成長させようと、巨人では優勝をしないと意味がありません」

 V9時代、長嶋茂雄氏と三遊間を組んだ黒江透修(ゆきのぶ)氏(79)も顔をしかめた。

「続投なんて、球団が何を考えているのかわからないよ。今の巨人には作戦も何もないじゃないか。サインだってバントぐらい。そんな野球で勝てるわけがない。若手が成長したというけど、中堅以上の選手が働かないから、若手を使うしかなかっただけですよ」

 巨人の第61代4番・広澤克実氏(56)も交代を進言。それは高橋監督の「次のチャンス」のためだという。

「野球の技術は試合でしか覚えられないが、マネジメントはユニフォームを脱いでから学ぶことが多い。監督にはデータや相性といった経験の他に、根拠のない勝負勘が必要で、それが高橋監督に最も足りない。それを養うためにも、一度客観的に野球を見たほうがいい。若いんだから再登板のチャンスはある」



まあ、NPBがアホばっかりの組織だというのは良く分かる。こういうことはシーズン開始前に考えておくのが当たり前だろう。普通の企業がこういう仕事をしたら、あっと言う間に倒産である。
なお、週間天気予報では、来週も雨続きらしい。阪神は残り試合が20試合くらいあったと思うが、10月11日まで(今日を入れてちょうど20日である。)に全部終えるのはまず不可能だろう。阪神は、試合状況が不利な試合で、試合可能だのに途中打ち切りしたり、DHは絶対にやらないとしてきた結果であり、NPBだけのせいにはできない。
しかし、阪神はかえってCS進出可能性が高くなったのではないか。5連勝くらいしたところでシーズン打ち切りとなったら、3位に滑り込む可能性もあるだろう。

(以下引用)







熱心なDeファンが今後の日程と予想先発投手を挙げているが、「小熊、菅野、カラシティー、藤浪」あたりが難関になるだろうか。
残り試合を最悪でも10勝4敗か9勝5敗くらいで、CSまで行けたら、ラミレス続投でもいい。で、最後に、「大瀬良対東」の一戦で、東が完封勝ちして防御率1位も獲得、という夢wwww




    • 39.
    • 名前: (*^◯^*)コメントを残してもいいんだ!
    • 2018年09月19日 21:03 ID:kC6Ewuov0
    • ※13 ※15 ※18 ※24 すまんなサンガツ
      21 (竜) 小熊-平良
      22 (竜) 笠原-石田
      23 (鯉) 岡田-京山
      24 (鯉) 九里-濱口
      25 (鯉) 中村-東
      26 (虎) 岩貞-ウィーランド
      27 (虎) 才木-井納
      28 (巨) 菅野-平良
      29 (燕) 原-石田
      30 (燕) 石川-濱口
      01 (虎) 岡本-東
      02 (燕) カラシティー-ウィーランド
      06 (虎) 藤浪-濱口
      07 (鯉) 大瀬良-東
      抜け出すためにも8勝はしたいわね
      • 55.
      • 名前: (*^◯^*)コメントを残してもいいんだ!
      • 2018年09月19日 21:08 ID:ph6TWP0d0
      • 21ウィーランド(投球後抹消)
        22平良
        23バリオス(昇格)
        24濱口
        25東(中5)
        26石田
        27井納
        28平良(中5)
        29バリオス(中5)
        30濱口(中5)
        1東(中5)
        2ウィーランド(昇格)




    8回まで1安打ピッチングでわずか100球しか投げていない、完投ペースの投手を降ろして、エスコバーに9回裏を任せるという、恐ろしい継投策である。
    案の定、今、先頭打者にヒットを打たれた。
    こういう、監督が存在することをアピールするためだけの無意味な継投で、これまで何度失敗してきたことか。
    この試合がどうなるか分からないが、大学で完投に慣れている投手をわずか100球で降ろすということが、完投できる投手の能力をどんどん低下させていくように思う。



    2018年09月19日20時27分02秒更新


    巨人 対 DeNA

    【9回裏無死攻撃中】 巨人8勝14敗1分け


    ◇公式戦◇開始18時00分◇東京ドーム◇観衆44544人



    【DeNA】
    守備選手名 打数得点安打打点通算率HR 1  2  3  4  5  6  7  8  9 
    (遊)大和(右).252左本……三振左2……三振…………中飛
    (三)宮崎(右).32527四球……遊ゴ左飛…………左安……四球
    エスコバー(左).000         
    (二右)ソト(右).30333三振……左安……三振……三振…… 
    乙坂(左).157…………………………………………二ゴ
    (左)筒香(左).29435四球……四球……左飛……二ゴ…… 
    関根(左).280         
    (一)ロペス(右).30022右飛……左本……左本……遊ゴ…… 
    (中)桑原(右).263二直……三振……右飛…………遊ゴ 
    (右)細川(右).250……三振……三振…………………… 
    柴田(左).226…………………………中安……三振 
    (投)(左).095……投ゴ……遊ゴ……投ギ……三振 
    倉本(左).224         
    (捕)伊藤(右).214……中飛……右安……三飛…………三ゴ
    34.252164残塁6、併殺0

    チーム  計  
    DeNA103110000
    巨  人000000100

    【巨人】
    守備選手名 打数得点安打打点通算率HR 1  2  3  4  5  6  7  8  9 
    (遊)坂本勇(右).33314右飛…………二飛…………三振…… 
    (右)長野(右).28911三振…………左飛…………左飛…… 
    (三)マギー(右).29321遊ゴ…………遊ゴ…………右本…… 
    (一)岡本(右).30831……中飛…………遊ゴ……二ゴ…… 
    (左)ゲレーロ(右).24715……三ゴ…………三振…………三振 
    (中)(右).24210……二ゴ…………三振…………一ゴ 
    (二)山本(右).260…………遊ゴ…………一ゴ……中飛 
    (捕)小林(右).211…………三飛………………………… 
    重信(左).299…………………………二ゴ………… 
    中川(左).000         
    池田(左)---         
    田中俊(左).228…………………………………………遊安
    (投)吉川光(左).038…………三振………………………… 
    野上(右).059         
    打捕大城(左).264…………………………二飛………… 
    26.257140残塁0、併殺0

    投手成績 勝利敗戦試合回数打者球数安打三振四球死球失点自責通算
    防御
     (左)1022251002.54
     エスコバー(左)513.72
     吉川光(左)213 2/319864.07
     野上(右)232 1/3424.85
     中川(左)27235.45
     池田(左)264.13
    ◇本塁打
    大和2号(ソロ120m=吉川光)
    ロペス21号(3ラン110m=吉川光)
    ロペス22号(ソロ120m=野上)
    マギー21号(ソロ110m=東)
    ◇失策
    吉川光(4回)
    ◇盗塁死
    伊藤(4回)
    ◇球審
    柳田
    ◇塁審
    秋村
    佐々木
    牧田
    忍者ブログ [PR]