忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
10
20
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
百目鬼氏が原作の1・5倍くらい可愛くて、満足の第6話だった。
ただ、演出的にどうかと思ったのは、年少の視聴者(むしろこちらの方が大事なお客さんだと思う。アニメを家族で見るレベルの、程度の高い親は子供の意見を結構尊重するものだからだ。)が理解困難と思われる個所が何か所かあったことで、そのひとつ、百目鬼氏がなぜ吐いたのか、分からなかった子供はかなり多かったと思う。
もちろん、アニメに関心の高い視聴者なら、浅草氏が演じた様々な状況での足音が、すべて同じ音であることに、SE命の百目鬼氏が吐くほどの嫌悪感を感じたことが分かる。しかし、このアニメは「全年齢向け」という評価を作りつつあると私は思っているので、小学低学年程度の視聴者でもほぼ理解できるような演出が必要だと思う。つまり、「説明抜き」の描写は、通には高く評価され、「それを説明抜きで理解できる俺(私)ってカッケー」となるだろうが、それでは社会全体を巻き込むビッグウェーブにはならないのである。単純な話、あそこで、「みんな同じ音かよ!」と百目鬼氏が一言言ってから吐けば、百目鬼氏が「SE命」の人間であることが万人にはっきり理解されただろう。
まあ、カッコよい演出を取るか、大衆的理解を優先するかは難しい問題だが、NHKは後者をこそ優先させる使命を持った放送局だと思う。
もうひとつは、鴨川、じゃない、水崎ツバメ嬢が、或る種のアニメの絵を短時間で描く困難さを説明する長ゼリフが早口で言われるだけであったことだ。聞き取れなかった視聴者も多かっただろう。しかも、その説明は比喩を使った説明なのであり、せっかくのアニメなのに、なぜ「絵で」見せないのか。比喩のとおり、鎧兜を着た絵描きが壁か何かに絵を描く映像を見せるだけで、その困難さは一発で視聴者に伝わり、腑に落ちただろう。つまり、絵で見せないで何のためのアニメなのか、ということだ。そもそも、アニメに限らず、映画では「説明セリフ」は避けろ、というのは基本常識のはずである。何のための映像なのか。今時の演出家の中には、そういう基本すらロクに学ばず、自分の見知っている出来合いの知識の範囲内だけで物事を処理しようとしていないか。

TVアニメ「映像研には手を出すな!」
@Eizouken_anime
にしても初登場していきなりリアルに吐くキャラも珍しい(笑)花守さんの演技とSEガチでしたね。

そんな百目鬼も加わってますます目が離せない映像研、BDBOX絶賛予約受付中です!
金森「予約するかどうか、決めるのはあなた方視聴者なんだッ!!

eizouken-anime.com/bluray/

#映像研 つるP
画像
画像


PR
「野球の記録で話したい」からの転載。
この筆者は「球数制限論」が持ちネタなのだが、練習で百球投げたくらいで投げすぎは無いだろう。試合の百球と練習の百球は大違いに決まっている。練習で百球も投げないで練習になるものか。サファテが五球程度で投球を打ち切りにしたというのは、故障の心配がある状態だったからだろう。松坂が百球投げたのは、それだけ投げてもいい体調だったからに決まっている。別に「調子よさ」や「やる気」のアピールだと決めつける必要も無い。私は松坂は嫌いだが、広尾晃が松坂をこういう部分で叩くのは、まあ、「球数制限論」のいいネタだと考えているからだろう。
要するに、耐えられる球数には個人差があるのであり、サッチェル・ペイジのように、無理の無い投球フォームで無理なく投げれば、毎日何球投げても大丈夫だという投手もいれば、プロ野球選手でも数十球でへたる投手もいるだけの話である。

(以下引用)



今年は西武キャンプに入っていないので見ていないが、松坂がブルペンで投げたのだそうな。

東スポ
14年ぶりに古巣復帰した松坂大輔投手(39)は第2クール最終日となったこの日、3度目のブルペン入り。初めて捕手を座らせた状態でセットポジション61球、ワインドアップ32球の計93球を投げ込み集まったファンから大きな拍手を受けた。

今年40歳になるベテランが、今の時期からしゃかりきに投げる必要は全くないだろう。

怪我をしたら終わってしまうし、疲労も蓄積するだろう。

ソフトバンク時代からやたら早くからブルペンに入って捕手を座らせて投げていたが、それがいい結果につながったという記憶がない。

サファテはキャンプ初日にほんの5球ほど捕手を立たせて投げたりしたが、そういう形で「慣らし運転」をしながら徐々に投げていくものではないのか。

ベテランにはベテランなりの調整法というのがあると思うが、松坂大輔にはそれがないのではないか。

相変わらず「虚勢」ともいうべき「元気の良さ」をアピールしている。





アニメにおける「日常芝居」というものの魅力を教えるのもアニメ「映像研」の長所だが、原作者自身も、観客としてアニメ「映像研」のその部分を高く評価しているようだ。
ただ、私の目からは、アニメは第四話以降、その部分が薄れている感じも無いではない。魅力の大きな要素を捨ててしまってはマズイのではないだろうか。
いずれにしても、原作漫画に「物語性」の弱さがある以上、アニメならではの「視覚的魅力」をより深く表現するところに、このアニメの生命線はあると思う。
下の記事で赤字にした部分は、原作漫画には無く、アニメ班が独自に付け加えたシーンだが、こういう部分が原作に大きな付加価値をつけている。そこにアニメ化の意義もあるわけだ。





大童:グッとくるシーンでしたね。メカなどの一定の構造を持ったものが近づいたり、離れたりするシーンを描くには、ブースターの間隔など様々なものの比率をしっかりコントロールしないといけません。それを1枚1枚の絵で描いているんだからすごいですよね。



宇宙船の船外ポッドが飛び出る瞬間、絶妙のタイミングでカットを変えて金森氏が壁から飛び出してくるところとか、その緩急のつけ方も素晴らしいですし、飛び出した勢いそのままに金森氏がハシゴをかけるところのスピード感もすごいと思います。



――これまでの放送(取材時は3話まで)で、いちばんグッときた動きはどこですか。



大童:3話で、金森氏が部室内で机を組み立てているシーンで、浅草氏と水崎氏が外から助けを呼んで、金森氏が面倒くさそうに立ち上がる動きです。



あとは、1話「最強の世界!」でコインランドリーに向かう3人のシーンもグッときました。


©2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会

原作では俯瞰で描いたシーンですが、アニメでは階段を降りる時に水崎氏が手すりに触れるなど、細かい芝居が追加されているんです。その後に続くカットも3人の歩き方にそれぞれ特徴が出ていて、それもグッときました。語り始めるときりがないくらい、グッとくるシーンだらけです(笑)。











ツィッターからの画像コピーがほとんど不可能になっているようなので、こうした記事転載も面白みがまったく無くなり、ツィッターというSNSに記事拡散力が無くなったと思う。つまり、自分で墓穴を掘ったのではないか。


さべあのま
@Sabear3
今日は #漫画の日 手塚先生のご命日ですね。…もう31年前ですか。自分の様な者にも出版社からご連絡あって、家人とご自宅の告別式でお見送りさせて頂きました。向かう道で水木しげる先生をお見かけしたり、吾妻さんがお通夜からずっといらしてた…と伺ったのも覚えてます。
以前に描いたサファイアを
♥
画像
午前8:23 · 2020年2月9日Twitter Web Client
手塚治虫の初期あるいは中期の作品、特に、完全に子供向けの作品は案外見逃している(読み逃している)ので、市民図書館から「ノーマン」と「マグマ大使」を借りてきて読んでみたところだったので、北崎拓氏のこの「ノーマン」評は、タイミングが合ったようだ。読んでいなければ、発言内容が実感できなかっただろう。
なお、「ルーピ」はカンガルーを祖先とする人類型生物で、尻尾があり、腹には袋もあるらしい。
で、実際、数名の「超人」が敵と戦う話で、「超能力者」の「戦隊もの」という点では確かに「サイボーグ009」に似ている。私は009も断片的にしか読んでいないので、優劣比較はできないが、「月がなぜ荒廃したか」という大きなテーマを持っているところは、「火の鳥」的な壮大さもある。
ただし、「銃身が湾曲していれば、弾道も曲がる」という、ありえない設定もあり、科学的な正確さを重んじた手塚治虫にしては珍しいところだ。量産時代で、「まあ、子供向けのフィクションならこの程度は許容範囲か」と思っていたのかもしれない。
なお、「マグマ大使」は、手塚漫画としてはかなりレベルが低く感じる。主人公側の人物に欠点が多く、敵役のゴアに「美を理解する」「子供好き」などの美点を与えているので、どちらが勝つべきかが曖昧になり、物語の爽快感が無くなっていると思う。途中から「ガロン」を出してきたのも、かなり「やっつけ仕事」に見える。




北崎 拓@月に溺れるかぐや姫、ますらお 連載中!

@takukitazaki
·
18時間


『手塚版サイボーグ009』と評される事は聞いたことがあったけどなー。
思えば色々それらしい共通描写はあるのだけど「当時にありがちなSF描写」と勝手に解釈してたなー。
ルーピ可愛いよルーピ…
そう言えば、昔、プリンセスプリンセスというグループが「ダイヤモンドだよ~♪」とか歌っていた記憶がある。(歌のタイトルは知らないが、町中に流れて、あちこちで引っ切り無しに聞いたというか、無理に聞かされた。)
「ダイヤモンドプリンセス」という船名は「名前負け」しているようだ。もっとも、キラキラネーム全盛のこの時代だと、「名前負け」とは「自分のキラキラネームが、他のもっとキラキラした名前に負ける」意味だと解釈されそうだ。
そうではない。あまりいい名前を付けると、運命の神様か何かに意地悪されて、名前とは似もつかない冴えない人間になり、冴えない人生を送るというのが「名前負け」である。

(以下「ネットゲリラ」より引用)


幽霊船コロナ・プリンセス号なんだが、新たに100人が体調不良w 新たに検査するというんだが、こんな限りなく黒に近い灰色を検査もしないで放置しているんだから、どうしようもない。小学生の頃、「世界の怪奇」とかいう本であったのが、メアリー・セレスト号の謎ってぇヤツで、この「コロナ・プリンセス号事件」というのも、21世紀の怪奇として記憶されるかも知れない。なんせ船ごとパンデミックw 何人生き残れるやらw

 厚生労働省によると、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員百人程度が発熱などの体調不良を訴えており、新たに検査対象となる方向。数十人規模の検査予定とは別。

検査キットはあるらしいんだが、外国製。国産開発を待っているところw ベッドの空きはなく、医療スタッフもいない。どこの病院だって待合室は満員だ。週が明けると、隠しきれない国内感染者が次々に報じられて、パニックになる。さぁ大変w








私はめいろまのように自己顕示欲が強く野心的な女性は嫌いなのだが、このツィートは有意義だと思う。「キス文化圏」「ハグ文化圏」の人間が衛生的なはずはない。ある統計によれば、米国で性病保持者だか性病経験者は調査対象(年齢層不明)の半数以上だったという。


めいろま
@May_Roma
握手やハグ文化圏、かなりの高確率で手洗いしてません。女子もしてない。洗っても石鹸使わない。風呂も入らない。欧州だとシャワーは週一回、髪の毛は2週間洗わないとかいます…だからワイは握手やハグは避けお辞儀。ワイが20年近い北米、欧州生活で大学寮、ジム、会社、日常生活で観察の結果
引用ツイート
岩田健太郎
@georgebest1969
·
手指消毒についてもたくさん誤解があるのでコメント。ときに欧米人はトイレでちゃんと手を洗うが日本人は洗わないかちゃっちゃとやって終わりという指摘がある。これが事実か確かめたことはないけど、仮に正しいとすれば「握手をする文化」の有無がその違いを生んでいるように思う。
このスレッドを表示
原作者の「ありがたい……」は、直前にリツィートした或る人(伊藤氏)の発言へのものだと思うが、「映像研」は、キャラは無双だが物語性が弱い、というのは多くの人が何となく感じているとは思う。そもそも物語とは「事件」によって生じるもので、そこには通常、「悪役」が存在する。
映像研の世界に悪の存在はまったく似合わないので、物語性の弱さは、映像研の長所と二律背反的なのかもしれない。(まあ、「のんのんびより」や「サザエさん」のように悪人が存在しないアニメもあるにはあるが、そこにはトラブルメーカーの存在が不可欠なのである。浅草氏がここまではその「お調子者」ぶりでその役割を担っていたわけである。)
なお、私は原作漫画の第四巻を読んで、電撃三人娘の作るアニメの物語性の弱さ(魅力の無さ)を指摘したが、「創作の脚本の弱さが原作第四巻のテーマ」だとは、それが事実なら意外(作者自身がそれを意識していたことが意外)な指摘であり、すると第五巻でこの問題の解決への道が示されるのだろうか。それなら素晴らしいことだ。
なお、伊藤氏の言う「キャラの特性で今後ドラマが生まれない訳なく」には同意しない。キャラの特性(個性のぶつかり合い)から生まれるのは漫才であってドラマではない。まあ、せいぜいが、第三話でのアニメ職人(水崎ツバサ)とプロデューサー(金森さやか)の意見の衝突程度のドラマだろう。
「SHIROBAKO」では、「無数の障害の中で期日内に満足の行く作品を完成させられるか」というサスペンスが「物語」を作っていたが(気づきにくいが、このアニメでは「悪役」もけっこういるのである。)、アマチュアの創作では、そういうドラマも無いわけで、実は「映像研という部をいかにして周囲に認めさせるか」というのが、ここまでの最大のドラマであるわけだ。さて、今後、どんなドラマが可能だろうか。

  1. ありがたい・・・


  2. さんがリツイート

    の今のところの弱点は物語が大して動いていないところなのだが、キャラの特性で今後ドラマが生まれない訳なく物語の進展を、焦る事無く見守っている感じ。
    余談ながら創作の脚本の弱さが原作4巻のテーマになっているとの噂を目にして、ますます原作の信頼度が高まった。




宍戸錠の演技のモデルがバート・ランカスターであるのは当人も認めていたようだ。一部では知られた話なのだろうか。



さんがリツイート
8時間前

吹替のお仕事も忘れてはならない。TVシリーズ『警部マクロード』のデニス・ウィーヴァーのお声がいちばん有名だが『戦略大作戦』のドナルド・サザーランドもよかった。ご本人も意識していたバート・ランカスターの吹替も何本か担当なさっています(と)


このスレッドを表示
取り消す
  • さんがリツイート
    8時間前

    宍戸錠さんは本当に一挙手一投足が絵になるかっこいい映画スターでかつコメディアンだった。映画的教養を言語で「語れる」人でもあった。TVドラマ『クルクルくりん』ではくりんの父親を演じていただいたが、当時はなんだか色々申し訳ない気持ちで観ていた。今となってはありがたいことである(とり)


    このスレッドを表示
某アニメ評論サイトからの転載だが、評価の主旨が論理的で適切だと思う。
あまり面白くもなさそうだが、実体験型(VR型)RPGという異世界の中に入って、「防御力に全振り(極振り)する」という、無理めのアイデアをどう処理するのかな、と思って一話めを見たが、まあ、下の文章にもあるようにご都合主義が凄い。フィクションの中のご都合主義を私は全否定する者ではないが、この作品の骨子は、「防御力に全振り(極振り)するとどうなるか」という問題をいかに誠実に考えるかというところにあるのではないか。そこをご都合主義にすると、作品の存在意義も無くなると思う。まあ、一話だけでは確認が不十分かと思って、二話まで見たが、時間を無駄にしただけだったwww
なお、原作は未読で、この種の作品の先行作のひとつである「盾の勇者の成り上がり」も私はあまり好きではないが、あちらのほうが防御力に特化することの問題点を(攻撃タイプの奴隷を育てるなど)一応は論理的に処理していた。
なお、下の評論サイトは、クールに構えすぎていて、「アニメを見る楽しさや喜び」が伝わらないという欠点があると思う。素人のくせに評論家を気取るのは私も同じだがwww



(以下引用)



なろう設定である意味は?


ドレ
攻撃力がゼロだから盾で押し潰して倒すって、
それアリなのッて感じだなー。

あふさ
まあ、なろう系だからね。
そういうものだと割り切って見るしかない。
 

初期ステータスの割り振りで防御に特化したら攻撃全くが効かなくなったり、
攻撃力がゼロなのに盾で押し潰して敵を倒せたりと、
突っ込みどころが満載です。

防御力の高さを活かしてレアスキルを沢山ゲットできるというのも、
ご都合主義以外の何物でもないですし。

その為ストーリーもこれといって見所が無く、平坦です。

ただ、こうした問題点は多くの「なろう系」に共通するものなので、
いちいち細かく批判していても仕方がありません。

今作に対して感じる疑問は、
なろう設定にしたことによって、何か良いことあるのかという点。



そもそもこうしたご都合主義な設定が多くの批判を受けつつも「なろう系」の人気があるのは、「周りから称賛されたい!」とか、「可愛い女の子にモテたい」とか、そういった欲望や妄想を主人公に自身を投影することで擬似的に満たせるからなのではないでしょうか。

ですが、今作のメイプルはリアルでもゲーム世界でも女の子です。
これでは、自身を投影して楽しむのは難しいと思います。

防御力の高さが注目されて、イケメンプレイヤーからアプローチを受けまくる逆ハーレム物として描くなら分かります。
まあ、キャラ紹介からそんな展開にはならないことは分かっていますけど。

そのため、何のためのなろう設定なのかが良く分かりません。
純粋になろう設定が好きな人向け?

【終わりに】



というわけで、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」第1話の感想でした。

まだ初回なので何とも言えない部分はありますが、内容面にこれといった魅力を感じられませんでした。
防御力特化は1話を見る限り、デメリットにしかなっていなかったように思います。

「可愛い女の子を見ているだけで幸せになれる」というような感性の方なら楽しめるかもしれませんが、そうじゃない人は面白さを見出しづらいのではないでしょうか。

「キャラにはあまり魅力は感じなかったけど、ここが良かった!」という人がいれば、参考までに何が面白かったのが教えて欲しいですね。




あふさ
あまり期待していなかったけど、思っていたよりさらに面白くなかった。
シンプルに面白くない。4点。

ドレ
こういった作品は、見てみればなんだかんだ楽しめると思っていたんだがな・・・。
何を楽しめばよいのか分からんな。
3点か4点だけど、まあ作画は悪くなかったし4点かな。
 

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)

忍者ブログ [PR]