忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[4023]  [4022]  [4020]  [4019]  [4018]  [4017]  [4016]  [4015]  [4014]  [4013]  [4012

私はこの「プロスペクト」というカタカナ語が嫌いなのだが、簡単な日本語訳ができないのか。
「囲い込み選手」とか。「プロスペクト」を辞書で引くと「眺め、見晴らし」が一番に語義として出てくるが、「期待」の意味があり、大リーグの「プロスペクト」はその意味だろう。
ならば、「期待の若手」でいいではないか。期待の若手だから、他球団に流出しないように「プロテクト」もされる選手というのが含意されているのだろう。
まあ、そういう愚痴はともかく、下のツィートで蔵氏が挙げている若手選手のリストは私も納得である。これらの選手は二軍ではなく「一軍控え選手」と見做していい。ならば、どんどん一軍の試合に出して経験を積ませればいいのに、いつまでも乙坂とか関根などにチャンスを与えてばかりいる。いや、関根などはそれほどもチャンスを貰っていないか。
私の期待では、今年は楠本と佐野が大活躍するはずだったのだが、彼らも貰ったチャンスを生かしきれなかった。どちらも、一軍レギュラーになるには何かが足りないのだろう。佐野は蔵さんの言うように「ヒットポイントがひとつしかない」のかもしれないし、それは大げさだとしても、不器用な選手なのだろう。楠本はその反対に、器用だから「当てるバッティング」になってしまうのではないか。阪神の高山のようなものだ。
結局、下のメンバーの中では神里が一番の活躍をしたわけで、ドラ2指名は伊達ではなかったと言える。しかし、デッドボールからかなり日にちが経つのに、復帰する気配が無いのは、相当に重症なのだろうか。心配である。
蔵さんの挙げている天理の太田と智辯和歌山の林は、私は見たことが無い選手である。巷のドラフト評判でもあまり名前が挙がることが無い。それをここまで高く評価するのだから、蔵さんの鑑識眼の当否が問われるところである。

捕手、遊撃手、三塁手に将来のレギュラーになれる人材が欲しいという意見には同意する。そこで、捕手には頓宮、遊撃手には小園、三塁手は滋賀の北村を私は推薦する。ただし、頓宮は捕手というより、将来の一塁手として見ている。(彼の捕手としての能力は知らないが、ネットでは否定的な声が多いようだ。まあ、当てにならない声だが。)捕手能力としては、今2年生の滋賀の有馬捕手が有望だと思うので、彼を来季ドラフトで獲得したらいいと思う。どうせ打撃でしか高校生は評価されないから、捕手頭脳の優れた選手は下位でも取れる。まあ、有馬は六大学に進学して、早稲田あたりの主将になるのではないか、という気がする。その頃には選手価格も高騰しているだろう。



  1. 俺はあまり守備を重視しないチーム編成を考えがちなのだけれども、今年は将来的にコンバートしないでその守備位置で勝負できそうな、遊撃手と三塁手 が欲しいねという思いが強い。すなわち 太田(天理)と林(智弁和歌山)あたり。



  2. ウチの若手プロスペクトは

    一塁:佐野
    二塁:大河
    三塁:宮本(ちと守備位置は怪しい)
    右翼:細川
    中堅:神里
    左翼:楠本

    あたり名前がすぐあげられるのだけれども、逆に言えばこれ以外の捕手・遊撃・三塁 の3ポジションが今年の補強ポイントだと思うだよね。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]