忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[4024]  [4023]  [4022]  [4020]  [4019]  [4018]  [4017]  [4016]  [4015]  [4014]  [4013
本人の意思なら仕方が無いが、本来なら、GMがすべてを優勝可能にセッティングしながら無様な采配を続けて不成績に終わったラミレスが辞任すべきだろう。
高田による近年の補強は、カネを使わないという前提での補強としては最高に近いものだったと思う。大当たり続きのドラフトと、大和とソトの獲得はその3大ポイントだろう。大和がいなければ、今年の倉本の状態では内野守備はアマチュアレベルに落ちていたと思う。打てないとは言っても、倉本よりは好成績を残したのだから、大和の補強は大正解だったと言える。ソトに関しては言うまでもない。まあ、幸運だっただけ、とも言えるが、ソトの補強にゴーサインを出したのはGMだろう。


ちなみに、昨日の試合も、2死2,3塁から申告敬遠をして満塁策を取り、投手を投げにくくさせ、結果的にサヨナラヒットを打たれたのはラミレスの責任である。(糸原のほうが新人選手より怖いと言っても、投手は打者と勝負しなければ話にならないのだから、相手が誰だろうが関係ないことだ。全盛期の王や長嶋でも、三流投手相手に凡退したことは無数にある。投手が最大限の力が出せるようにするのが監督の役目であり、その逆をするならアホ監督である。)申告敬遠で試合を敗戦に導いたのはこれで何度目か。学習能力の無さがラミレスの最大の欠点であり、それは「自分は頭がいい」という大きな勘違いから来ている。8番投手への固執がその代表例だ。自分のアイデアで好成績を残して自分を売り込みたいという下心が見えすいている。仮に奇跡が起こって巨人が連敗、横浜が連勝してCS出場が可能になっても、もはや私はラミレスを支持しない。(昨日の試合で心を決めた。)



no title
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]