忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
8
13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[1032]  [1031]  [1030]  [1029]  [1028]  [1027]  [1026]  [1025]  [1024]  [1023]  [1022
いばらく間があいたような気がするので、例によって小田嶋隆ツィッター中の気に入った言葉を転載してお茶を濁しておこう。私も含め、頭の悪い人間は、こういう頭のいい人間の言葉から学ぶのがいい。ただし、小田嶋師も原発問題に関してはなかなか難しい立場のようで、彼のすべての発言が素晴らしいというわけでもない。
とりあえず、今年はこれで終わりだ。
来年が善良な多くの人にとって良い年でありますように。
そして邪悪な多くの人にとって悪い年でありますように。(笑)





(以下引用)






小田嶋隆 ‏@tako_ashi 17時間
笑いは差別を含んでいる。というよりも、差別が実在しているからこそ、落差の部分に笑いの余地が生じている。ついでに言えば「差別をネタにしているだけで差別を肯定しているわけではない」というのは詭弁で、笑い自体が差別そのものである事例も少なくない。てなわけで、この話は笑えない。









小田嶋隆 ‏@tako_ashi 17時間
笑いのツボは、多くの場合寛容さよりは狭量さの中にある。その意味で、寛容なジョークは、原理的に成立しない。でなくても、残酷な笑いと比べて、人権的な笑いは非常に成立しにくい。だからリベラルは若い人たちに人気がない。というのはジョークなんだけど誰も笑わない。ほらね。












小田嶋隆 ‏@tako_ashi 18時間
社会にコストをかける人間と、そのコストを引き受ける人間がいるのだとして、自分がコストを引き受ける側でいられることに感謝することは、別にマザーテレサじゃなくてもそんなにむずかしいことじゃないと思うのだが。












小田嶋隆 ‏@tako_ashi 19時間
こういう「社会にコストをかけるな」論者の中では、人間の生老病死すべては「自己責任」なのだろうね→ RT @1000087 @tako_ashi 人間は、育てられないならばつくらないという選択をすることも出来ることを、それを知らない人に伝えたい(。・_・。)ノ











小田嶋隆 ‏@tako_ashi 19時間
牧場経営者のゴールは、最低限のコストでより収益性の高い家畜を出荷することであって、すべての家畜たちの快適な生存ではないのだろうが、それでもなお政治は牧場経営ではないということを誰かが高市早苗に教えてあげないといけない。













小田嶋隆 ‏@tako_ashi 19時間
金魚のブリーダーが「生まれてきたすべての稚魚の生存」を目指したら一瞬で破産する。ブリーダーは弱い稚魚や商品価値の劣る稚魚を適切に間引きしないといけない。でも、相手が人間の場合は話が別だということを片山さつきと曽野綾子に教えてあげたい。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]