忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3796]  [3795]  [3794]  [3793]  [3792]  [3791]  [3790]  [3789]  [3788]  [3787]  [3786
広尾晃のブログで、キー局のスポーツ放映のつまらなさを批判した記事のコメント欄の一部だが、これはペスカトーレ氏の言葉が正鵠を射ているのではないか。
広尾は自分自身がマスコミの一端にいるからマスコミをスポンサーの奴隷ではなく社会的使命を持つ存在だと強弁しているが、そんなのは建前であって、資本主義社会の営利企業が社会的使命など考えるわけがない。せいぜいが、批判を避けるために時々それらしいことをやるだけの話である。
まあ、資本主義とは、金儲けのためなら何をしてもいいというのを究極の理想とする社会体制であり、それを「新自由主義」と言うのである。政治が資本主義の暴走にストップをかけないと、その社会は地獄になる。それが現在のアメリカであり、日本である。


(以下引用)

    • 6. ぺすかとーれ
    • 2018年06月20日 19:04
    • 地上波キー局を批判するのはナンセンスだよ。彼らは企業の宣伝ツールの一つにすぎないんだから、人々がもっとも食いつきそうなネタを垂れ流すことだけを考えるのは当たり前の話。

      批判すべきは、くだらないニュースを嬉々として見ている国民と、そんな国民性を作り上げた政府だと思うけどね。
    • 7. 広尾 晃
    • 2018年06月20日 19:45
    • ぺすかとーれさん

      >彼らは企業の宣伝ツールの一つにすぎないんだから
      違いますよ。電波法で電波を割り当てられた公的な企業ですよ。

      メディアは商売をするために公共の電波を使っているわけではありません。メディアは民主主義の公器であり、公共の利益に資する義務を有しています。だから言論の自由の担い手として、国民の知る権利を守るために、取材をし、情報発信します。
      もちろん、民間メディアは広告のビジネスで成り立っていますが、人々に良質の情報を提供する義務を負っています。ただの会社ではありません。

      そういう仕組みをちゃんと知らないと、議論するテーブルにつくことはできない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]