忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
5 8
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3791]  [3790]  [3789]  [3788]  [3787]  [3786]  [3785]  [3784]  [3783]  [3782]  [3781
日本とコロンビアの試合中だが、コロンビアの選手がハンドリングでレッドカードを食らって退場させられたという事に、「えっ、ハンドリングくらいで?」と疑問に思って調べてみると、その反則で「確実なゴールが阻害された時」はレッドカードになるらしい。今回の場合がそうだったのかどうかは、試合を見ていないので分からないが、サッカーのように「ズルい行為」が戦略とされている競技の中で、ハンドリングが案外重い反則とされているのは意外だった。まあ、サッカーは「手を使わない」ことで成立している競技だから、サッカー好きには当然かもしれないが、超素人の私は、退場させるほどの反則かねえ、と感じてしまう。味方の危機に、咄嗟に手が出るのは人間の本能的行為だろう。相手選手や審判への暴行くらいの悪質さなら分かるのだが。手が使えないスポーツなら、最初から両手の無い人間限定でやればいいwww






カード(イエロー/レッド)となるハンドリング

0 0
 

 

前回の記事で、どのような場合、主審はハンドリングの反則をとるか、ということについて書きました。その最後に、ハンドリングの反則で、イエローカードやレッドカードの対象となる場合がありますよ、ということを書きました。

 

競技規則できちんと規定されているので、確認しておきます。

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

ボールを手で扱う

(中略)

懲戒の罰則

競技者が次のように意図的にボールを手で扱ったとき、反スポーツ的行為で警告されることになる。
●意図的にボールを手で扱って、相手競技者がボールを受け取るのを阻止する。
●手でボールを扱って得点しようとする。


  

一つ目は、「バスケットボール」のように、手で相手のパスをカットするようなプレーはダメですよ、ということ。二つ目は、「ハンドボール」のように、手でゴールすることを狙っちゃダメですよ、ということです。(いわゆる「神の手」のようなプレーですね。)

 

これらのようなプレーをすると、サッカーじゃなくなるから「イエローカード」。
 
 

懲戒の罰則はさらに続きがあって、

 

しかしながら、競技者が意図的にボールを手で扱って決定的な得点を阻止した場合、退場を命じられる。この罰則は競技者がボールを手で扱うことによるものではなく、得点となりそうな状況を阻止するということによるものである。これは公正を欠いた介入で、(サッカー競技にとって)受け入れられることのできないものである

 

間違いなくゴールインするボールを、ゴールキーパー以外の選手が、ゴールキーパーのようにボールを手で扱って阻止しちゃ「絶対にダメ」ですよ、ということですね。

 

これ、注意が必要です。レッドカードは、「ボールを手で扱って、『決定的な得点を阻止』」した場合だけです。

 

では『決定的な得点の阻止』とは、

1)ボールがゴールマウスの枠内に向かって進んでいる。

2)その選手(ハンドした選手)より後方にはゴールキーパーを含む守備側選手が誰もおらず、他のプレーヤーの正常なプレーによってゴールインが阻止される可能性が全くない。

この2つの条件が両方とも満たされている場合のみ。

 

なので、主審は、「そのハンドリングがなければ、100%ボールがゴールに入っていた」という状況でのみ、その選手に「レッドカード」を提示できる。逆に、100%と言いきれない場合は、「レッドカード」を提示してはいけません。

 

つまり、「もしかしたら、クロスバーに当たっていたかもしれない。」「もしかしたら、ゴールキーパーが戻って対処できた可能性がある。」「もしかしたら、他の選手がヘディングでクリアできた可能性がある。」 などの状況では、「レッドカード」で選手を退場処分にすることはできません。(露骨なハンドリングの場合は、「反スポーツ的行為」として、「イエローカード」の提示はできますが。)

 

また、「ボールを手で扱って『決定的な得点を阻止』しそこなった場合」については、「得点を認め、手でボールを扱って得点を阻止しようとした選手にイエローカードの提示」となります。(あ、イエローカードになるのは、2つではなくて3つでした。前回の記事を訂正しています。)



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]