忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
8
11
17 18 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3727]  [3726]  [3725]  [3724]  [3723]  [3722]  [3721]  [3720]  [3719]  [3718]  [3717
阪神の若手打者の打撃不振について金本が「みんな真面目に練習してるのに、理由が分からん」と言っているようだが、そのスレッドへの次のコメントは的を射ているように思う。
もうひとつ、「セカンドに打つ練習をさせているんだから、セカンドに球が飛ぶのは当たり前じゃん」というコメントも秀逸。つまり、間違った練習を体が覚えてしまったわけだ。
まあ、次のヤクルトとの対戦はメッセンジャー、岩貞、藤浪で、阪神が3連勝する可能性が高い。ヤクルトはブキャナン以外に勝ちが見込める投手がいない状態で、しかも阪神戦はブキャナン以外で一番いい投手がメッセに当たり、それより力が落ちる投手が岩貞藤浪に当たるようだから、完全に阪神有利である。ヤクルトは村田や久保を獲っておけば良かったのに。なぜ、弱い部分を補強するという当然の事ができないのか。それで長いシーズンを戦えるはずがない。



8 名無しの猛虎魂さん 2018年05月21日 18:32 id:SWFvfdms0 ▼返信
やっぱ掛布が正しかったんちゃうか。掛布は考える事に重きを置き自分で考えて練習させる方針、金本は強制的にとにかく練習量をこなさせる方針。何も考えず与えられた練習量・指導(間違った?)でこなした結果、ほぼ全員極度の打撃不振。何も考えてないから脱出方法が解らず迷走状態。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]