忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
15
24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3820]  [3819]  [3818]  [3817]  [3816]  [3815]  [3814]  [3813]  [3812]  [3811]  [3810


動画が再生可能かどうか分からないが、球審の立ち位置に注意してほしい。これが大リーグ式の立ち位置で、これだと当然外角の球の左右の判定はほとんど勘で判断するしかない。実際、この時の球はストレートだから、このカメラの位置からでもはっきりとボール球だと分かるが、球審はそれをストライクと判定している。
要するに、主審がホームベースの真後ろに立つ場合の左右の際どい球のコース誤審率を「左右とも5~10%」とすれば、右打者の内角側に立つ場合は、「左20%、右ほぼ0%」になると思う。つまり、打者はそういうアンパイヤの時は、安心して外角のボール球を見逃すことは不可能になるわけである。




さんがリツイート

阪神・望月惇志、154km/hストレート


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]