忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
5 8
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3896]  [3895]  [3894]  [3893]  [3892]  [3891]  [3890]  [3889]  [3888]  [3887]  [3886
金足農の吉田輝洋投手は、本物である。今大会の投手をまだ全部見てはいないが、大会ナンバーワンは確定で、ここ数年でも最高の「投手素材」だと思う。ストレートで三振が取れる投手を見たのは久々である。と言うか、もしかしたらプロで全盛期の藤川球児以来ではないか。高校生では江川以来かもしれない。松坂は準決勝でポカスカ打たれた試合以外、ほとんど記憶に残っていないので、何とも言えない。(決勝でのノーヒットノーランは相手の京都成章打線が雑魚すぎた)
ただ、変化球はかなりショボいし、チーム力が無いので、どこかで負けると思う。吉田がキレのある変化球を覚えたら、プロでも無双する気がする。まあ、ストレートとショボい変化球だけでも十分に一軍で活躍すると思う。高校時代の寺島に見た感じは似ているが、吉田のほうが投手としてはかなり上だろう。寺島はストレートが武器だったが、空振りが取れるというほどではなかった。
解説者の話によると牽制も上手いし、フィールディングもいいらしいから、投手としては最高の素材だろう。顔もなかなかハンサムだ。(今大会はわりとハンサムな投手が多い。)
身長があまり高くない、というコメントを某スレッドで見たが、マウンドに立つ姿は堂々としたもので、低くは見えない。
打撃については、さほどでもないと思う。投手としての才能がずっと上だろう。
なお、昨日の試合で、吉田投手のストレートを打ったまともなヒットは1本だけである。実質的ワンヒットゲームだろう。ほかのヒットは、コースヒットだけである。
できれば、大阪桐蔭(あるいはその他の強豪打線や強豪校)と当たるまでは勝ち進んでほしいものだ。勝ち負けはともかく、それによって彼の真価の判断ができるだろう。

なお、花咲徳栄の野村は、投手としては並みだと思う。打者としても、ホームランを打った打席以外がダメダメで、去年から進歩していない。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]