忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
5 8
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3901]  [3900]  [3899]  [3898]  [3897]  [3896]  [3895]  [3894]  [3893]  [3892]  [3891
蔵さんが、今年のショートは大豊作だと言っているが、それには賛成する。下に挙げていない選手でも、大学で鍛えたらプロ入りも可能と思われる選手は多い。もともと野球センスや運動神経が一番いい選手がショートをやるのであるから、他のポジションにコンバートされて芽を出す選手もいるだろう。高校時代から一塁専というような選手には私は最初から興味が無い。原辰徳と東海大相模高校時代に3、4番を打っていた津末という一塁手は、打撃は原より上だろうと言われていたが、結局消えてしまった選手だ。
打撃に必要なのは、運動神経とは違う能力だと私は思っている。落合など、運動神経が良さそうには見えないが、打撃は天才的だった。動体視力が良くて、自分なりの打撃理論を徹底して追及し練習する人間が打撃のオーソリティになると思う。むしろ、あまり俊敏でないほうが打撃にはプラスなような気がする。根尾が打撃が今一つなのは、運動神経が良すぎるせいではないか。
なお、奈良間の試合は見ていないので、次の試合でどういう選手かじっくり見てみたい。
小園の守備力はよく分からないが、下手でなければ十分であり、あの打撃力(バットコントロールとコンタクト力)があれば、プロでは二塁にコンバートしてもいい。毎度言うが、篠塚タイプの打者であり、プロで最低2回くらいは首位打者を取ると思う。
なお、名前は忘れたが、龍谷大平安のショートも、凄い打球を放っていた。打球音が他の選手とは違う感じだった。彼もプロ有望だろう。外野手転向して打撃に専念したらオリックスの吉田やソフトバンクの柳田みたいになるかもしれない。
筋肉隆々の選手が、金属バットでホームランを打つことはよくあるが、打球音が凄いという選手はあまりいないのである。打球速度なら、清宮や安田は去年の中では飛びぬけていたが、打球音が凄いとは思わなかった。広陵の中村捕手は打球速度もあまりたいしたことはなかったのであり、去年の甲子園新記録は清宮ボールのおかげだろうwww 





スケール型ショートの太田が来られなかったのは残念。走塁は小園、守備は太田。対応力は小園、長打力は太田。まあ、小園の方が早くから使えると思う。これに根尾がいて、奈良間もいる。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]