忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
8
11
17 18 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3767]  [3766]  [3765]  [3764]  [3763]  [3762]  [3761]  [3760]  [3759]  [3758]  [3757
清宮が二軍でホームランを連発しているのだが、なぜ突然打てるようになったかと言えば、実は一軍経験が良い方に出たのではないか、と思っている。
下の記事は堀内のブログだが、清宮は一軍では100%の力を出しても跳ね返された。しかし、二軍投手の球は、一軍投手の球を見てきた目にはひどく甘い球に見えるだろう。そこで、リラックスして打てるわけである。(まあ、たいていの打者は、いくら良い条件が与えられても清宮のように二軍でホームランを打てないから、清宮の打者としての能力は高いようだ、と私も最近の清宮のホームラン連発で認めざるを得ない。清宮はキャラクターが嫌いだから認めるのは嫌だけど。)
「二軍の帝王」となる打者は、それが悪い方に出てしまうのではないか。二軍投手の球に慣れて、その球に特化した打ち方になるわけだ。それに、「自分は一軍では通用しないのではないか」という強迫観念が、一軍に上がった時に出てきて、力をフルに出せなくさせるということもあるだろう。
下の堀内の記事を見ると、なるほど一軍と二軍の差は大きいな、と思うが、だからこその「日本内メジャー」なのである。一軍と二軍の力の差が大きいからこそ、一軍で成功した時の報酬も大きい。それを励みにして二軍選手は頑張るわけだ。(もっとも、二軍選手の中にも能力的には一軍レベルという選手もたくさんおり、また二軍レベルですらない、という選手もたくさんいるだろう。これはドラフトミス、スカウトミスである。)


(以下引用)



力の入れ具合なんだけど



こんな風に言ったら



なんとなく伝わるかな。



 



 



 



ブルペンで投げるのが10~30%



2軍では70~80%



1軍では100~110%



 



 



 



1軍のマウンドでは



自分の持っている力



100%以上のものを



出そうとするわけさ。



 



 



 



比重で例えるなら



練習で投げる100球が



試合で投げる10球に



相当する感じ。



 




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]