忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[4065]  [4064]  [4063]  [4062]  [4061]  [4060]  [4059]  [4058]  [4057]  [4056]  [4055
某スレに載っていた金村義明の談話(?)だが、なかなか穿ったことを言っている。
特に、

・矢野監督引き受けたのは、僕は絶対引き受けると思ってました。これは絶対引き受けるべきだし。
 最下位の次なんて、やりやすいに決まってるじゃないですか。もう最下位なんて有り得ない訳ですから。何をしても悪く言われる事もない。

の部分は私が前に書いたのと同じである。最下位より下は無いのだからこれほど楽な状況は無い。そして金本がいろいろ壊した後だから、多少ドジをしても金本よりはマシという評価になるだろう。大好きな坂本を正捕手に使って、坂本が2割4分くらい打ち、チームが5位以上になれば坂本を使ったのが英断だったということにされるのではないか。梅野なら2割5分以上打ち、チームがAクラスになった可能性があっても、である。こういうのを経済学で「機会損失」と言う。つまり、100万円儲けても、別の手段だったら200万円儲けていた蓋然性が高いなら、それは100万円の損失をしたのだ、という考え方である。
来季、そういう事になるかもしれないので、予め釘を刺しておく。
ちなみに、機会損失という点では今季のDeNAほどそれをやらかしたチームは無い。先発陣のほとんどが故障、桑原大不調という最悪の状況で、若手が活躍しながら、その若手を簡単に見切って二軍に落とし、去年好成績だった『レギュラー』認定選手を不調なまま使い続け、夏前にチーム成績を悪化させたのが首位から大きく引き離されての4位という結果になったのである。おそらく夏前に選手たちは、「今年は(この監督では)無理だ」とほとんどが思っていたのではないか。




45: 名無しさん@恐縮です 2018/10/22(月) 01:22:38.67 ID:ZHVGVzZY0
ニコ生 2018/10/19 金村義明

・3年契約を結んでおりながら辞任と見出しに載ったが、全く辞任じゃないですね。解任ですね。
 本社筋が物凄く圧力を掛けて来た。
・僕はちょっと提言したい、言いたいのが、「金本を男にする!」言うてたコーチたち。誰か辞めましたか?
 結局は2人しか辞めてない。ヘッドコーチ片岡。真面目過ぎた故に涙の辞任のような。
・後の残りの人、どないしました?
 2軍監督平田さん、2軍総合コーチ高代さん(笑) 2軍ピッチングコーチ香田って 
 これはおかしいやろ!と。 これどうすんねん?と。
・矢野監督引き受けたのは、僕は絶対引き受けると思ってました。これは絶対引き受けるべきだし。
 最下位の次なんて、やりやすいに決まってるじゃないですか。もう最下位なんて有り得ない訳ですから。何をしても悪く言われる事もない。
・矢野は2軍でも。2軍と1軍は全く違いますけど、やっぱり野球というのは、今年見てた人はよく分かると思うけど、
 スポーツですから、明るくやっぱり野球やらないと。
・今年セリーグ6球団の中で、断トツ阪神がベンチ暗かったです。笑顔も無い。
・今成 クビになりました。あれだけ明るい、必ずチームにはいる。バッティングも天才的なバッターです。
 余りにもおかしいので、なぜや?と色々調べた所、金本監督がああいうバッティングは余り好きじゃないと。
 「強い打球を打つような奴じゃないと」と言いながら。
・結局は金本が偉大過ぎて、誰一人金本に意見をする人間がいないと。
・これ(監督に意見するの)はヘッドコーチの役目なんですけど、残念な事に片岡もヘッドコーチの器じゃなかったと。
・何でも片岡は弟分ですから、島野さんの話をしたり、あの偉大な星野さんでもほとんど知ってる人は知ってます。
 島野さんのお陰です。島野さんというヘッドコーチがいて、裏で星野を守る、星野の陰にいる、星影の会という会まで作って
 裏でいろんな事を動きながら、先にヘッドが怒ったり、先に笑かしてみたり、チームの雰囲気を。 
 ピッチャーの事もヘッドコーチだから言える。だからヘッドなんですけども。
・(片岡ヘッド49歳 金本監督50歳) 年上の香田(53歳)が、なんかミーティングすると、「我が軍は」と言うらしい。
 我が軍はと言うのは、1チームしかないぞおいっ! 我が軍はて 誰の真似してそんなん言うとんねんと。
・これがやっぱりピッチャーもいろいろね 手柄立てたいのか何なのか。
・結局、ピッチャーも去年あれだけ頑張って。高橋が60試合登板したがそれが(今年は)出来ずに。
・球児が本当にビックリするぐらい甦って、きつい所のクリーンナップに球児が全部当たってぶつけられながら、
 最後は打ちこまれるぐらいにバテてしまったと。
・ピッチャーの方も持ち堪えられなかった。打てない打てないと言われながら、
 打てない所が物凄く目立ちましたけれども、結局はピッチャーの方もガタガガタッと崩れてしまったのが今年の阪神でしたし。
・甲子園でなかなか勝てないと。正直言って、スターティングメンバーで、「オッ?オッ? オカシイなぁ~」っというのが数々ありました。
 あれはだから、金本一人で決める訳じゃない。バッティングコーチ、ヘッドコーチをやってる片岡が責任を感じて
 当然責任を取って泣きながら辞めたと。
・これは金本も覚悟を決めてし男らしい。片岡も男らしいと。あと2人以外、誰かいますか?誰か。
 負けて喜んでるような人間も中は、皆が皆とは言いませんけど、これが裏の話 ドロドロと。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]