忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
4
8
18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3161]  [3160]  [3159]  [3158]  [3157]  [3156]  [3155]  [3154]  [3153]  [3152]  [3151
残り試合が、横浜は(阪神、広島、広島、中日、中日)の5試合、巨人は(阪神、阪神、ヤクルト)の3試合で、巨人の3位、横浜の4位フィニッシュはほぼ確実だろう。巨人は今日は試合が無いから、阪神戦に田口、菅野、ヤクルト戦にマイコラスを余裕で起用できる。この3人で試合を落とすことは考えにくい。阪神がこの前横浜に負けた時に、巨人ファンが発狂して、(楽な対戦相手である)横浜をCSに出すための八百長だと騒いでいたのがこっけいである。私も、冗談でそういう趣旨のことを書いたりしたが、阪神としては横浜より巨人相手のほうがカネになるだろう。
まあ、横浜は今日、阪神に負けたら完全終了と考えるべきだろう。
もともと、残り試合が5、6試合になった時点で巨人に最低でも2ゲーム差をつけられなかったことで、実質的には終わりなのである。というのは、主力投手の安定性の差がかなりあるからだ。井納や石田は悪い投手ではないが、10勝したら10敗はするタイプの投手である。年間を通じてなら貴重な選手だが、最後のデッドヒートの際には、どうしても田口菅野マイコラスとの差が大きい。菅野はS級(15勝5敗レベル)、田口マイコラスはA級(13勝7敗レベル)であるのに対し、横浜の投手陣はB級(10勝10敗レベル)ばかりなのである。今永あたりがA級とB級の中間くらいか。
というわけで、野手陣の強化で、B級投手にA級の勝ち星を挙げさせるか、新たに先発としてA級やS級の投手が加わるしか、来季の横浜の上がり目は無い。と、すでに来季の話をする私であるwww
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]