忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[4140]  [4139]  [4138]  [4137]  [4136]  [4135]  [4134]  [4133]  [4132]  [4131]  [4130

原監督は、やはり策士である。日米野球を二軍選手のセレクションに使っているwww
しかも、若手選手が結構MLBチームに通用しているのである。
下手をしたら、来季は巨人が優勝するかもしれない。いや、今年の日本シリーズを見ると広島も隙だらけであり、完成されたチームなどではないし、緒方は重要な試合になると監督能力が普段の半分以下に低下するから、監督能力から言えば、原がセリーグナンバーワンだろう。そして、巨人の戦力は低くはないし、若手が出てくる可能性もあるとなれば、来季の優勝候補の筆頭は巨人かもしれない。
松原外野手というのは育成上がりらしいが、コンタクト能力が高い打撃をしている。走塁も良さそうだし、盗塁能力もありそうだ。もしかしたら、来シーズンの最初から1軍の先発メンバーに入るかもしれない。捕手の宇佐見も、なぜ捕手失格扱いされるのか分からない、いい打撃といいリードをしていた。
投手陣は先発の高田が大量失点したために後の投手が目立たないが、2番手以降はみな好投したと言っていい。大江、桜井、田口、鍬原など、先発候補がたくさんいる。特に鍬原の球質の良さは驚きだ。なぜ今年は活躍できなかったのか、不思議である。先発でなく、抑えで使うとより良いかもしれない。巨人は抑え不在だから、適役なのではないか。
丸や西をFAで獲らなくても、巨人の戦力は十分だ、と言っておく。むしろ、こうした若手有望選手が人的保証で引き抜かれたほうが痛いのではないか。私が巨人ファンなら、そう主張するだろう。べつに、これは横浜を有利にするために言っているのではない。どうせ横浜には育成力も無いし、FAで好選手を獲る可能性も少ないし、監督はアホなのだから、来季の活躍など最初から期待していない。

なお、松井が試合中、何もやることが無く、ベンチで話す相手もおらず、気の毒であった。おそらく巨人フロントからの要望で松井をMLBチームのバッティングコーチにすることになったのだろうが、英語もおそらくできない松井はただの飾り物状態であった。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]