忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
3
7 8 9 10 11
14 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
お遊びで、自分の球団を作ってみる。プロ野球の1軍半や2軍選手の中から、有望選手を探して、自分のチームを作ってみるわけだ。ただし、その選手は、各球団で重用されておらず、球団を変えて1軍で起用されれば力を伸ばせる可能性の高い選手にする。つまり、あまりに若手で、その球団が放出する可能性の少ない選手はこのチームには入れないことにする。たとえば、横浜の北篤内野手などはシュアな打撃に長打力もほどほどあり、足もあって、欲しい選手だが、おそらく来年には1軍起用が多くなるはずだから、このリストには入れない。ロッテの細谷圭外野手なども、まだプロでの年数が少ないから、放出する可能性は少ないだろう。巨人の橋本到外野手、太田泰示三塁手なども同様である。
各チームの選手の中で、狙い目は捕手である。というのは、捕手というポジションは正捕手が決まると、その他の選手が使われる可能性ががくんと落ちるため、いわば飼殺しに近い状態になっていることが多いからである。それに、捕手というポジションは激務だから、捕手の打撃成績は2割増しで評価してよい。
私自身はファームの試合を見る機会は無いので、選手選択の基準は、すべて公式発表の成績の数字からの判断である。
下記の選手の守備ポジションは、コンバートによるものもある。たとえば、阪神の狩野恵輔は、その脚力から言って、長い間には足が駄目になる可能性の高い捕手よりも、外野を守るべきである。この狩野と、巨人の矢野は、チームが放出する可能性は低いが、やはり1軍クリーンアップレベルの選手が二人は欲しいので、このリストに入れることにする。さて、下に書いたものが、私のチームである。打順によって並べてある。

1 野原政志(阪神・三塁)
2 横川史学(楽天・外野)
3 矢野謙次(巨人・外野)
4 狩野恵輔(阪神・指名打者)
5 小斉祐輔(ソフトバンク・外野)
6 森岡良介(中日・二塁)
7 荒木貴裕(ヤクルト・遊撃)
8 岡崎太一(阪神・一塁)
9 伊志嶺忠(楽天・捕手)

二塁控え 今成亮太(日ハム捕手をコンバート)
遊撃控え 坂克彦(阪神)
捕手控え 金澤岳(ロッテ)、横山徹也(オリックス)
内野ユーティリティ 明石健志(ソフトバンク)、森本学(ソフトバンク)
外野控え 庄田隆弘(阪神)、黒瀬春樹(西武)

投手 ロメロ(巨人)、陽耀勲(ソフトバンク)、高橋秀聡(ソフトバンク)、桟原将司(阪神)、小野寺力(西武)
久本祐一(中日)、小林正人(中日)、上園啓史(阪神)、長峰昌司(中日)

こうして見ると、阪神の二軍に有望選手が多いようだ。これは、スカウトの眼力のせいか、二軍首脳陣の力量か、いずれにしても、こういう有望選手たちが一軍で活躍できないままに現役を終わることが無いように祈りたい。

で、このチームを育成する指導者陣には、たとえば次のような面々はどうだろう。
1軍監督 豊田泰光
1軍投手コーチ 北別府学
1軍打撃コーチ 若松勉
1軍バッテリーコーチ 矢野テルアキ(元阪神で、今年引退したばかりの矢野である)
2軍監督 元PL監督の中村氏
2軍投手コーチ 江夏豊
2軍打撃コーチ 興南高校の我喜屋氏
2軍バッテリーコーチ 横浜高校の現監督(名前は知らないが、松坂や涌井を育てた名伯楽だ。)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]