忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3734]  [3733]  [3732]  [3731]  [3730]  [3729]  [3728]  [3727]  [3726]  [3725]  [3724
わたモテ世界ではGW明けに席替えになるらしいが、もこっちの周囲を誰にしたら一番面白く話が展開できるのか、少し考えてみる。まあ、谷川ニコ先生(原作のほう)はいろいろな予想の上を行く話にしてくれると思うので、ただの遊びである。
ネモはもこっちに興味津々でありながら時々意図的に挑発する性格だから一番話を作りやすいキャラだとは思うが、さすがにこれまでもこっちと絡ませすぎた感もあるので、ネモは離して思い切って眼鏡コオロギを傍に置くのもありかと思う。そうすることでもこっちの本性のクズぶりも発揮できるわけである。
後はヤンキー吉田か。吉田さんは案外もこっちの弟を気に入っているように見えるので、弟のことを話題にし、それでもこっちとコオロギが切れる、という展開が出てきそうだ。
ついでに清楚ビッチの一年生も智樹(弟君)に惚れて、ちん子ちゃん含め、大混乱のラブコメになり、それをさらにもこっちが混乱させる、という展開はどうか。まあ、これは席替えとは無関係な話だが、弟君の話題を近い席の者同志で共有する意味では席の配置と無関係ではない。
揉め事を起こしやすいという点ではキバ子もそうだが、彼女をもこっちの周囲の席に置く必要性は少ないような気がする。やはり、ネモやゆりもあまり離れていない席にいて、もこっちの周辺に観察の目を注いでいるという風にしたい。つまり、主要キャラがいつのまにかフェイドアウトしないでほしいわけだ。キバ子(南)は加藤ママや岡田パイナップルの近くに置いてこそ揉め事を起こしやすいだろうし、加藤ママが今後キバ子にどう接するかの問題もはっきりできそうだ。
ただ、上記のような配置だと、あまり意外性は無いかもしれない。
とりあえず、下図のような感じか。ゆりと真子、加藤と岡田をあえて離してみた。南は加藤の側に置くことで、かえって緊張関係を作り出す意図である。もこっちは小宮山とも吉田とも衝突しやすいから、わざとその間に置いた。根本とゆりは離さないほうが衝突が作りやすいか。ならば、根本と岡田を入れ替えでもいい。そのほうが、吉田と岡田の交流を深めることもできる。(吉田と岡田は案外気が合う性格だと思う。)なお、男子はこの物語、このクラスには不要であるので女子だけで固めた。
もこっちの周囲がもこっちの知り合いだけであるのは不自然だが、なまじ新登場人物(たとえば、男子生徒)を入れるとここまで作ってきた世界の魅力が失われる可能性があると思うので、「物語の必然的ご都合主義」を優先した。


南  小宮山 ゆり
加藤 黒木 岡田 
田中 吉田 根本






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]