忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
12
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3135]  [3134]  [3133]  [3132]  [3131]  [3130]  [3129]  [3128]  [3127]  [3126]  [3125
2年後か3年後の横浜ベイスターズのラインアップを空想してみる。問題は筒香や梶谷が横浜に残っているかどうかだが、まあ、FAで移籍したと仮定しておく。ロペスはまだ横浜にいるものとするなら、こんなラインアップである。これは、私が望ましいと思うものだ。
問題は、現在、一番の働き手である桑原の扱いだが、私は桑原を1番には置きたくないし、クリーンアップにも置きたくないのである。どこに置いても中途半端な選手だが、また、いなくては困る選手だ。とりあえず、3番打者くらいにしておく。

1 関根(9)
2 山下(5)
3 桑原(8)
4 新外人(7)
5 ロペス(3)または宮崎(3)
6 倉本(4)
7 柴田(6)
8 嶺井(2)
9 投手


控え選手

捕手 戸柱、高城
内野 シリアコ、狩野、松尾 
外野 細川、青柳
内外野 佐野


今よりは、ホームランだけに頼らずに点が取れる打線ではありそうだが、線が細い。かと言って、細川や網谷が大物打ちになる予感もしない。特に網谷は、今年は二軍で活躍するかと期待していたが、去年より成績が劣化しているのは困りものである。

そこで、今年のドラフトでどういう選手を獲るか、と考えてみる。
長打力のある外人選手が獲得できない場合、欲しいのはもちろん大物打ちになれる可能性のある選手だが、ポジション的に清宮は論外、とすれば、安田あたりが候補になるだろうか。安田ならドラ1で競合せずに獲れる可能性もある。そこで、こういうドラフトでどうか。順位は競合可能性とお値段の順。


1 東(立命館投手)または田島(ノンプロ投手)、または安田(履正社三塁手)
2 増田(横浜外野手)または中村(広陵捕手)
3 山下(木更津総合投手)または田浦(秀岳館投手)
4 桜井(日大三投手外野手)または清水(花咲徳栄投)、または川端(秀岳館投)
5 鈴木(作新外野手)または丸山(前橋育英投手外野手)
6 平良(八重山何とかの投手)

所属は適当に書いてあるが、このあたりが私が興味を持った選手だ。花咲徳栄の捕手だったと思うが、須永というのも捕手頭脳は良さそうだが、当人が選手価値を上げるためには大学経由でいいかと思う。
なお、言うまでもないと思うが、広陵の中村はサードか外野へのコンバート前提である。
木更津総合の山下は甲子園で株を下げたから逆にお買い得である。U18世界大会での投球を見たら、同学年では一番の素材ではないかという気がまたしてきた。あちらのボールが手になじむのか、ツーシームのような球を投げて、それが威力があった。何か、つかんだのではないか。










PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]