忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
4
8
18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3134]  [3133]  [3132]  [3131]  [3130]  [3129]  [3128]  [3127]  [3126]  [3125]  [3124
ベイスターズのファンサイトが阿鼻叫喚の様だが、その中で嶺井叩きを相変わらずやっている馬鹿がいる(おそらく、同じ人間が何度も投稿)ので、一言言っておく。
先ほど、録画してあった映像を8回表まで見たが、嶺井のリードは見事なものだった。打たれたのはアンラッキーな部分がほとんどであり、リードそのものは実に合理的なものである。(小早川だか大野だかが、バティスタに対して3球続けて高めストレートを投げさせたリードを批判していたが、あんな糞ボールを打たれたらどうしようもないことである。直後に広島ベンチの田中がバティスタの「大根切り」を真似したジェスチャーでそれは明白だ。普通ならヒットにならない球である。)それを良く示しているのが、最近絶不調だった三上をリードして0点に抑えた2つのイニングである。ほかの誰が、あの三上で広島打線を抑えることができるだろうか。今永の失点は、彼の球によく食らいついた広島打線を褒めるしかない。
打撃に関しても、この試合の嶺井はいい当たりをしており、球がよく見えているようだった。その嶺井に代えて代打を送るというのは、やはりラミレスは頭が悪いとしか思えない。試合の中で球になれてきていて、しかもそこまで数打席いい当たりをしていた打者に代えて、打率1割台の代打を送ることが合理的だろうか。球もろくに見極められずに凡打したり三振したりしても、それは打者のせいというより出した人間のせいだろう。そもそも横浜には「代打屋」と言えるほどの代打能力のある選手はいない。いなければ作っておくべきではないか。レギュラーより打撃能力の低い選手しかいないなら、代打を送る意味も無い。
下のコメントの載っていたスレに、2,3興味深いコメントがあったので、そちらも転載しておく。
私も横浜のフロントあるいは編成やスカウトはいい仕事をしていると思う。特に今季は有望な外人投手を3人も獲得したことは称えるべきだろう。結果的に、その外人投手たちは思ったほどの数字は残せていないが、クラインなどが額面通り働いていたらチーム成績はあと10勝くらいの上積みがあっただろう。つまり、横浜は明らかに「優勝候補」たりうる球団だったのだ。ペナントが始まるまでは。それが現在の位置にいるということは、ラミレスという監督やコーチ陣のためであり、しかも現在の横浜2軍の成績は惨憺たるものであり、このままだと横浜は完全に腐敗していくだろう。
なお、横浜の癌のひとつは梶谷の「個人主義」の典型のバッティングである。あんな打撃をしている選手がチームの主力である限り、横浜は常勝球団にはなれないのはもちろん、マグレ的な優勝も無理だろうと思う。監督のラミレス自身がそういう「個人主義者」だから、それに注意もできないし、する気も無いのだろう。
選手が四球を選んだり、進塁打を打ったりした時に、それを褒めて高く評価する、ということを監督やコーチがしないと、「チーム全体で勝つ」というチームにはならない。今の横浜にそういう雰囲気はあるだろうか。
だから私は、アマチュア球界のほうが、今の横浜にふさわしい指導者はいるのではないか、と書いたわけである。




  • 787. ハマの名無しさん
  • 2017年09月14日 23:05  ID:N5X6G8xw0
  • ※758
    ラミ信「戦力ガー戦力ガー」

    ほんとラミレス信者さんは戦力って言葉好きだよな
    フロントは毎年ドラフト当ててるよ?
    海外スカウトも去年のクソ外人たちをウィーランドパットンに化けさせたよ?
    で、監督コーチは何したの? 酷使と無能指導で戦力減らしてるだけじゃん
  • 288. ハマの名無しさん
  • 2017年09月14日 22:01  ID:ReVU3LuJ0
  • 活きのいい若手はいるけど、野球脳足らないのばっかなんだよね。そこを指導出来るコーチもベテランもいないからね。監督自身、経験則で物言うからキツイっす。
    • 289. ハマの名無しさん
    • 2017年09月14日 22:01  ID:yRI8HO7H0
    • 今日は8回の攻防が全てを物語っていたね。同じようなチャンスから妙な代打攻勢をかけて判り切った失敗をする球団と、確実に得点に結びつける広島。
      采配で?な部分は、いつもと同様、比較的当たっているバッターに可能性がゼロに近い代打の交代。後手後手で泥縄的な継投。毎回同じ事を書いている気がするよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]