忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
8
13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3267]  [3266]  [3265]  [3264]  [3263]  [3262]  [3261]  [3260]  [3259]  [3258]  [3257
DeNAが西武の野上をFAで獲る可能性が高いということで、その代償が金銭か人的保証かネットファンの一部が騒いでいるが、人的保証だった場合は投手になる可能性が高いわけで、さて、それは誰になるか。
現状2軍にいる投手で西武が興味を持ちそうだという点で思いつくのは

熊原、平良、飯塚、京山あたりで、大穴で国吉

1軍メンバーだが1軍半的存在としては

三嶋、三上、田中健、加賀などから二人ならば、野上一人と釣り合うかもしれない。

横浜がプロテクトしそうにないのは、三嶋、加賀、熊原、国吉といった感じではないか。
野上一人に対し、投手二人という線で予想するなら、


本命:三嶋、国吉
対抗:田中健、熊原
大穴:加賀、平良


といったところで、さすがに手塩にかけて育てた飯塚や、若い京山は出さない気がする。

しかし、京山と飯塚で野上が獲れるなら、得に決まっている。相手はまがりなりにも今年10勝した投手で、おそらくこれから数年間が野球人生のピークだろうと思われるのだから、まだ海のものとも山のものともつかないレベルの飯塚や京山とは比較にならないだろう。
ファンは若い選手に過度の思い入れをしがちだが、プロに入る選手でモノになるのは本当に一握りなのである。とすれば、すでにモノになっていることが証明済みの選手との価値の比較はするまでもない。(ただし、野上がセ・リーグで使えるかどうかはもちろん未知数だが、若い未熟な選手よりは対応力もあるだろう。そして、野上は10勝が生涯のピークというレベルの選手かもしれないのももちろんだが、とにかく、10勝できる能力があることは証明したわけだ。)

なお、私は横浜の2軍の投手育成能力をまったく信じていないので、若い投手にとっては西武への移籍はかえって幸運だと思う。飯塚や京山は、西武では登板機会も多くなるだろうし、自然に鍛えられると思う。そして将来的に二人が西武のローテーションに入ってきたら、トレードは幸運だったということだ。(西武は菊池や多和田など、難しい投手をよく育てている。二軍の投手育成は悪くないと思う。)



  • 39. ハマの名無しさん
  • 2017年11月15日 21:28  ID:.16x12Vh0
  • 野上で京山とか飯塚とられたら損したのか得したのか分からんくなるで
    • 40. ハマの名無しさん
    • 2017年11月15日 21:28  ID:15VnXse00
    • 人的無しの場合の補償金の差額なんて1000万だから、180億どうこうとは次元が違いすぎるw
      西武は枠がガバガバらしいから間違いなく人的と思った方がいいだろう
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]