忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3202]  [3201]  [3200]  [3199]  [3198]  [3197]  [3196]  [3195]  [3194]  [3193]  [3192
山崎武司による、夏季甲子園大会の打者評の一部だが、私とまったく同じ考えである。中村の打撃の能力や身体能力を生かすには、捕手以外のポジションにコンバートすべきだろう。捕手としては、「捕手頭脳」「捕手性格」の点でそれほど飛びぬけた素材ではないと思うからだ。
山崎が言うように、捕手はあまりに仕事が多すぎて、打撃まで力が回らない。捕手から他のポジションにコンバートされて打撃で開花する選手が多いのはそのためである。捕手の打撃成績は、他のポジションの1.5倍くらいに評価されるべきだと私は思っている。


(以下引用)



3年生のなかでは、やはり中村くんの打力が抜けているなと感じました。繰り返しになりますが、捕手は育成に時間がかかるポジションです。中村くんを獲得する球団は捕手として育成するか、打者としての才能を先に生かすか悩まされるでしょうね。

 そして今大会を見ていて率直に感じたのは、やはり「打球が飛び過ぎる」ということです。パワーのある打者が増えたこと、バットの性能が進化していること、好投手が少なかったことなど要因は多々あるでしょう。それにしても、「この打ち方、このインパクトでここまで飛ぶの?」という打球があまりにも多かった。この流れが続いてしまうと、打撃技術もクソもなく、ただ体に力をつけて金属バットで飛ばす野球になってしまいます。高校野球のレベルアップのためにも、対策を練ってほしいところですね。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]