忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3450]  [3449]  [3448]  [3447]  [3446]  [3445]  [3444]  [3443]  [3442]  [3441]  [3440
愚劣なアニメや漫画や映画を見た時の不快感は、ほとんど汚物を食わされたような感じになるので、私は実は漫画・アニメ・映画を見た数は少ない。特にアニメや漫画に関しては、ファンとしては少ない方だろう。だが、優れた作品を見たら、それこそコリン・ウィルソンの言う「至高体験」に近い幸福感がある。で、私はそういう人間だから、割と鼻が利くというか、勘はいいと思う。
優れた作品は、見る前から、あるいはわずかな評判だけで「これは良さそうだ」という匂いがするわけだ。まあ、「ガルパン」のように女子高生が戦車に乗るという設定や萌え絵キャラだけで敬遠して長い間見なかった作品もあるし、最近のアニメなどだとタイトルの付け方が雑で、勘が働きにくいのだが。
下のコメントの中に出てくる作品の中で観たのは「ゆるキャン」と「りゅうおう」と「グランクレスト(第一話のみ)」だけだが、この三つの評価は私の視聴感に合っている。つまり、他の作品の評価も正しい可能性は高い。
「龍王のお仕事」は、第五話で完全に投げだした。気持ち悪いとしか言いようがない。いや、ロリコン趣味だから悪いというのではないが、その趣味をあれほど前面に出しては、将棋とはまったく無関係な話になるだろう。制作者側は何が作りたいのか。視聴者側はそれで満足なのか。いわゆる幼女趣味というのは、幼女を可愛いと感じること(たとえば、「ガルパン」のカチューシャなどの可愛さ)と、性的対象として見るとの違いがあり、この作品は明らかに後者に近い。幼女ハーレム物であり、作り手側にほとんど性犯罪者的な匂いがする。

「ダリフラ」は見ていないが、ネットで知った写真だと操縦席の仕様が気持ち悪い。作り手側は何を狙っているのか。それで「シリアス」をやっているのか。まあ、尻が目の前にあり、アスホールもあるならシリ・アスかもしれないが、製作者側の意図が気持ち悪い。もっとも、見てみれば中毒的に好きになるかもしれないが。
「よりもい」は第一回が糞だったという評もあるが、全体的に評判は高いようだ。
ここに挙がっていない中では「シトラス」の評価が案外高いようだが、濃厚百合アニメは見る気もしないので、多分見ないだろう。

一般的に、アニメにおける性的要素の扱いは注意を要するもので、それを露骨に出すと作品が汚物化する可能性は高いのである。つまり、アニメの持つ抽象性の良さが失われ、生臭い現実が過度に侵入してくるわけだ。法に触れるから性的表現を避けるとかいう話ではなく、作品の品位や香気の問題である。





      86.
    • 名無し@わんこーる速報!
    • 2018年02月12日 21:35
    • ID:N7HNHBOK0
返信する
  • ファンタジー系でシリアスやっていて面白いのがダリフラくらいしかないのがなぁ……
    グランクレストが完全にダイジェスト化しているのとヴァイオレットが高クオリティなのは作画だけで話は陳腐なのと刀使ノ巫女が全体的にクソなのが悪いけど
    日常系や青春系はゆるキャンやよりもいあるからましか
    そういう系もりゅうおうはカットしすぎで話に矛盾はなくても熱さがなくなってただの萌豚向けになってるけど


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]