忍者ブログ
ゲーム・スポーツなどについての感想と妄想の作文集です
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
o-zone
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
[3956]  [3955]  [3954]  [3953]  [3952]  [3951]  [3950]  [3949]  [3948]  [3947]  [3946
「ラ・ラ・ランド」は、最近では珍しく、ミュージカルでアカデミー賞を取った作品なので興味があったが、私の娘がこの作品に非常に批判的だったので、(批判の理由は詳しく聞いていないが)見るのをためらっているうちに、椎名高志氏の下のツィートに出逢ったわけである。
クリエイターは一般に他人の創作物を否定しないものであり、椎名氏も他人の創作物を否定する発言は基本的にしない人だから、下の発言は、よほどこの作品を視聴するのが辛かったのだろう。自分自身に問題がある、というように話をソフトにしているが、レトロミュージカルへのオマージュと見せかけながら、「自分の趣味を偉そうに押し付ける」態度が作品から匂ってくるのではないだろうか。
いや、見てもいない作品を否定するのはいけないことだし、自分で見て確かめればいいだろ、という話ではあるのだが、嫌な作品をうっかり見てしまった時の不快感はかなり耐え難いものなのである。幸い、私はそういうものを避ける嗅覚が優れていて、自分が見た映画や読んだ小説の中で、これは汚物だと思うような作品はほとんど無い。評判作の連続ドラマなどは、ためしに一作だけ観たりすることもあるが、一度見れば、その作品が自分に合うかどうかは分かる。
完全な判断ミスが、NHK朝ドラの「純と愛」で、「女王の教室」や「家政婦のミタ」の脚本家なら面白い作品になるだろう、と思って最初の半年ほどは視聴したが、回を追うごとに話がキチガイ化していき、途中で視聴をあきらめたのである。これは、NHK朝ドラの作り方が、意図的な「自転車操業」であるためだろう。つまり、視聴者の評判を見て途中で「テコ入れ」をする、つまり話の進め方を変えるというキチガイ的方針である。近年の朝ドラの大半が「あまちゃん」を除いて失敗作、というより奇形児的作品になっているのはそのためである。






『ララランド』見始めて、でもなんかかなりつらくて、何度も中断してる。レトロなミュージカル映画風味ってのは大好物なのだけど、私の中の良くない部分が、シャレオツな主人公たちを拒絶するのである。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]